体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

洋食缶詰の歴史を感じさせる明治屋『おいしい缶詰』  丁寧な作りに、油やソースの1ランク上の美味しさ!

catch

回は高級おつまみ缶詰の第3弾、老舗・明治屋(東京・中央区)の『おいしい缶詰』の登場だ。前2回の缶詰同様に厚手の紙のパッケージに包まれた普通の缶詰とは一線を画するルックスは、いかにも上質でそこに写っている料理の写真もとても美味しそうである。

 

また記者は、明治屋のおつまみ缶詰(当時は「PUB缶」という商品だった)には30年前から馴染みがあり、今回の試食はとても楽しみなのである。さっそくフタを開けてみよう。

7

明治屋の『おいしい缶詰』シリーズは、素材別に牛肉、豚肉、鶏肉、魚介、貝の5種類に分かれており、現在全部で36アイテムで展開されている。

『おいしい缶詰』シリーズとしては2012年からの開発で、格別長い歴史を持つわけではないが、実は明治屋は1985年から2005年まですでにおつまみやお総菜というコンセプトで、長年にわたり「PUB缶」という缶詰を発売してきた実績があり、その美味しさと目新しさは当時から異彩を放っていた。今から30年前の85年当時、記者は明治屋六本木ストアーでよくPUB缶を買ってはワインやバーボンを飲んでいたので、そのDNAを『おいしい缶詰』のどこかに見いだせるのではないかと非常に楽しみなのである。

 

今年の売上げ第3位は・・・

『おいしい缶詰』の中で、今年1月~9月の9カ月で12万缶を売ったのが「国産鶏の燻製オリーブ油漬」である。

3-1

国産鶏のもも肉とむね肉を燻製にし、オリーブ油に漬けた商品だが、その缶のフタを開けたとたん明治屋らしい感じが即座に伝わってきたのである。何より素材の肉の切り分け方が繊細で、いかにも味が染みていそうな感じが伝わってくるのである。

こういうところは明治屋の缶詰の1つの特長といえるかもしれない。

3-2

燻煙薫る鶏肉はしっかりと肉の歯ごたえがあり、それが浸かっているオリーブ油も、それでパンを美味しくいただけるほど味が出ていて美味しい。前回も書いたが、おつまみ缶詰で大事なのは素材はもちろんだが、油の質は大きいと記者は思っている。その点では、この『おいしい缶詰』は、1ランク上を行っているように思える。

3-3

この「国産鶏の燻製オリーブ油漬」は、まずビール、そしてバーボンやスコッチなどのウイスキーで合わせたい。また、オリーブ油はパンで拭き取る。何となく食が洋食っぽくなってしまうところにも、記者は明治屋らしさを感じてしまう。「国産鶏の燻製オリーブ油漬」は税別400円。第3位だが、記者的には第1位かもしれない。

 

今年の売上げ第2位は・・・

今年の第2位の売上げは、1月~9月で14万缶を売り上げた「牛肉デミグラスソース味」。

2-1
1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy