ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『薄型弁当箱 フードマン ミニ』ライトな容量で女子や子ども、糖質制限中の男性にもうってつけ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ンチを自分で作るお弁当ブームはすっかり定着したけれど、どうにも困るのがカバンの中での弁当箱の存在感。そんな中限られたスペースを有効活用するために登場したタテ入れ可能な「フードマン」が登場して人気を博していたが、今度は薄さを半分にした『薄型弁当箱 フードマン ミニ』(容量400ml・210×103×35mm/215g・希望小売価格 税抜1600円・2016年1月末発売)が登場。女性や子どもなど、そんなに容量はいらないという人に朗報だ!

 

そもそもお弁当箱の中身が漏れだしてしまうのは論外。それを解決したのが4か所ロック/ふた一体型パッキンでがっちり密閉するタイプの弁当箱「フードマン」。そして今度は薄型化に挑戦して生まれたのが株式会社シービージャパン(東京都足立区)の『薄型弁当箱 フードマン ミニ』。

“弁当男子”をターゲットに開発されただけに男性のビジネスマンや学生中心に好評だった「フードマン」だが、女性にとっては少々大きかったのも事実。容量800mlというのは茶碗4杯分だから、女子としてはありえない容量だ。

スリムになったのは、容量だけではない。厚みも35mmというスリムサイズへ! ちょっとした単行本サイズで鞄に収められるというのは、実に気軽ではないだろうか。もちろん女子・子どもだけでなく、あまり食べすぎてはいけないメタボ予備軍の男性にも恐らくうってつけな『薄型弁当箱 フードマン ミニ』。昨今大ブームの糖質制限食にもうってつけではないだろうか。

 

カラーは3色(スカイブルー、チェリーピンク、ミントグリーン)から選べ、実用新案出願中だそう。

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
おためし新商品ナビの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP