体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

日本の人事部「HRアワード2015」最優秀賞を受賞。CodeIQはITエンジニアの転職を変えるのか?

生活・趣味

ITエンジニアのための実務スキル評価サービス「CodeIQ」が、日本の人事部「HRアワード2015」プロフェッショナル雇用・採用部門の最優秀賞を受賞した。受賞に至った背景とは。CodeIQが目指していくものとは。CodeIQチーム プロデューサー 三木拓朗氏と竹内祐己氏が語った。

日本の人事部「HRアワード2015」

CodeIQが日本の人事部「HRアワード2015」を受賞

国内最大級のHRネットワーク「日本の人事部」では2012年より、人事、人材開発、労務管理などの各分野において積極的な活動・挑戦を続けている企業人事部やHRビジネス企業、および人事担当者にとって評価されている書籍やサービスを表彰する日本の人事部「HRアワード」を実施している。

同賞は企業の経営者や管理者、採用・育成ビジネス、人事サービスを展開する企業の意見を基にノミネートを決定し、8万人の会員の投票により各賞が決まる。そんな透明性の高さがうけ、投票者数も年々増加しており、2012年は1107人だったが、今年は3647人となり、注目度も高まっている。

日本の人事部「HRアワード2015」

11月18日、日本の人事部「HRアワード2015」各賞が発表された。プロフェッショナル部門の雇用・採用部門 最優秀賞として表彰されたのが、ITエンジニアを「実務スキル」で評価する採用マッチングサービス「CodeIQ」だ。

選考委員の八木洋介氏(LIXILグループ執行役副社長)から表彰を受けた中途事業本部領域企画統括部・執行役員・藤原賢一氏は、「このような栄えある賞をいただきありがとうございます。CodeIQはITエンジニア向けのサービスです。今、ITエンジニアは転職活動時、自分のスキルを過去の経験や企業名、担当プロジェクトでPRするしか方法がありません。

一方、人事担当者も目の前のエンジニアのスキルを可視化し、見極めに苦労しています。そういった双方が持つ課題を解決し、エンジニアが採用マッチングされる、転職活動ができる、そういう世界を作りたいという思いからこのサービスが生まれました」と、受賞した喜びとともに、サービス誕生の背景についても説明した。

中途事業本部領域企画統括部・執行役員・藤原賢一氏

ITエンジニアの転職を幸せなものにするサービス

藤原氏も言うように、現在のITエンジニアの転職において、履歴書と職務経歴書でそのエンジニアのスキルが判断される。このような職務経歴書ベースの転職では、「仕事での経験はないが、個人で磨いてきたスキルを生かせる仕事に就きたい」と思っても、経歴がない=スキルがないと判断されるため、転職するのは難しい。

1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会