ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【京急電鉄】通勤時間でも、「確実に座れる」列車が登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

京急電鉄初の上り“着席保証列車”が登場し、話題になっています。

こと首都圏において、朝の通勤電車は座席に座れないどころか、立っているのもやっと…。そんな中で新設された「モーニング・ウィング号」はまさにヒーローです。これで、あの修羅場ともオサラバできる!?

三浦・横須賀方面から
“ゆったり”都内へ!

【京急電鉄】通勤時間でも、「確実に座れる」列車が登場!

この列車は、2015年12月7日(月)から1日2本の運行を開始。三浦海岸・横須賀中央・金沢文庫・上大岡駅を乗車駅とし、品川駅までノンストップなのだそう。

乗車するには、乗車券の他に着席整理券が必要。Wing Ticket(当日券)は300円、Wing Pass(1ヶ月券)は5,500円です。

【京急電鉄】通勤時間でも、「確実に座れる」列車が登場!
【京急電鉄】通勤時間でも、「確実に座れる」列車が登場!

とはいえ、もともと平日の夕方には、同じシステムの下り“着席保証列車”「ウィング号」を運行していた同社。好評だったこちらのノウハウを、朝の通勤時間帯にも適用したというわけ。
【京急電鉄】通勤時間でも、「確実に座れる」列車が登場!
【京急電鉄】通勤時間でも、「確実に座れる」列車が登場!

これにより、三浦・横須賀方面から都心へ通勤するサラリーマンの快適性の向上が図られることに。

ちなみに、2014年の横須賀市は全国でもっとも人口が減少した都市。通勤の利便性アップが、人口減少に歯止めをかけるものと期待されているようですが、果たして…?

Licensed material used with permission by 京急電鉄

関連記事リンク(外部サイト)

オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった
【衝撃映像】つり橋を渡る観光客に起こった悲劇
「神様に祈るだけでは、問題は解決しない」ダライ・ラマの発言に考えさせられる(仏・同時テロ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。