ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【コラム】旅の物語はまわり道から生まれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo credit: Shino Ichimiya「歩くだけで心が弾むブルサでトルコに惚れる – Istanbul & Bursa

旅に出るときは、情報の少ない、薄いガイドブックがあればいい。それもほとんど読むことはない。トラブルがあったときのためのお守り代わりだ。

目的の場所以外は、インターネットで検索もしない。だからときどき、重要な情報を見逃して、しなくても良いまわり道をすることもある。

トルコの旅行で、イスタンブールからマルマラ海を挟んで南にあるブルサという街へ移動した。港から街中まで、直接向かうバスだと思い込んで乗車したが、実際はそうではなく、鉄道に乗り継ぐことになった。

「そこが駅だよ」とバスから降ろされた場所は、どう見ても街中の景色ではない。ここがどこなのかもわからず、英語も全く通じず、途方に暮れた。駅員の優しい笑顔だけが救いで、ケータイにスクリーンショットをしていた地図を見せて「ここに行きたいんだ」「ここはどこだ」と、必死に訴える。

焦りはしたものの、おかげで身振り手振りでコミュニケーションする方法を思い出したし、街中までの電車の旅も味わうことができたのだ。

有益な情報はたくさん溢れているけれど、基準を外に託してしまうのは、「つまらない」とも思う。

大切なのは自分だけの「物語」だ。

たまにはまわり道するのもいい。

ライター:Shino Ichimiya「歩くだけで心が弾むブルサでトルコに惚れる – Istanbul & Bursa

トルコの旅行記はこちら

*Shino Ichimiya「歩くだけで心が弾むブルサでトルコに惚れる – Istanbul & Bursa

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Compathyマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP