ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

潜入取材!日本を代表する「帝国ホテル 東京」高リピートの秘密に迫る!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回は、泊まってよかった宿の番外編です。国内だけで数万軒あるといわれるホテルや旅館。多くの選択肢があるなか、リピートするのはそれだけ満足度が高かった証しです。高リピート率を誇る「帝国ホテル東京」に潜入取材しました。2度3度と訪れたくなる、底なしの魅力に迫ります。

※リピート率について…リピート率とは、じゃらんnetを利用して宿泊した人のうち、1年以内に再度同じ宿泊施設に宿泊をした割合を独自に算出したものです。2015年じゃらん調べ

1. 帝国ホテル 東京

何度も泊まりたくなる宿には訳がある。高リピート宿「帝国ホテル東京」潜入取材!

「帝国ホテル東京」は、海外の賓客を迎える「日本の迎賓館」として、125年に開業した老舗ホテルです。1年以内のリピート率24.7%という高いリピート率を生み、世界中の人から長年愛され続けるわけは、「日本人的なホスピタリティにあふれている」といわれるおもてなし精神にありました。

例えば、ドアマンは500以上ものゲストの顔や車種、ナンバーを記憶し、優雅に誘導。お客様の荷物を持つため、手袋は清潔さを重視し、こまめに交換しています。

全12基あるエレベーター内では、バラの一輪挿しに目がとまります。生花のつぼみだけを飾り、美しい状態を保つため、1日2~3回交換し、客室のような空間を演出しています。

シャツから正装まで請け負う宿泊者専用ランドリーでは、ワイシャツは着心地のよさを追求し、襟とカフスのみ糊付けを施します。

予備のボタンを約200種類揃え、とれていた場合にはボタン付け作業も行なっています。これは、「着る時にお客様が困らないように。」と、あるスタッフが自発的に行ったことが自然とルール化されたそうです。

ランドリーの仕事は一人前になるまで最短4年はかかるとか

特別階には着物姿のゲストアテンダントが常駐しており、到着時のお茶のもてなしや好み枕への交換、折り紙を添えた手紙など、日本人らしいきめ細やかな対応が国内外のゲストに好評を博しています。

時折添える手紙は、すべて心を込めて手書きする

また、客室清掃後にはインスペクターという係が靴を脱いで入室し、最終チェックを行います。実際に座ってイスのきしみがないか、書類の向きは正しいかなどを確認。そのチェック項目は約160にもおよんでいます。

1室15~20分かけて、棚やベッド下など隅々までチェック

こうしたきめ細やかな心遣いが、日本を代表するホテルの期待値をさらに上回る、極上のおもてなしにつながっているのです。「全員が仕事にやりがいを感じている」という声も納得の、創意工夫に満ちたサービスが、高リピート率を作っている秘密でした。

宿のオススメプラン

【1日2室限定】プレゼント・お祝い・お返しに…お客様の大切な方をハイヤーでお迎えにあがります。

2名1室時おひとり5万7300円~(別途宿泊税200円)

1泊2食付き。東京駅ホームまでお出迎え後、ハイヤーでホテルへ。客室はインペリアルフロアデラックスツイン。朝・夕食はレストランorルームサービス。 帝国ホテル 東京

TEL/03-3504-1111

住所/東京都千代田区内幸町1-1-1

宿泊料金/1泊朝食2万7500円~

アクセス/首都高速都心環状線銀座出入口より10分

「 帝国ホテル 東京」の詳細はこちら

まとめ

いかがでしたか。1 年以内のリピート率24.7%を誇る「帝国ホテル東京」の秘密をご紹介しました。高リピート率を獲得するには、こうしたスタッフ一人ひとりのきめ細やかな気配り、洗礼されたサービス、心のこもったおもてなしがあってこそなのですね。日本を代表するホテルの期待値をさらに上回る極上のおもてなしを是非体験してみたいものです。

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

満点をとった旅館はどこだ!?くつろぎのお部屋部門「じゃらん泊まってよかった宿大賞2015」【東北】
実は夜も楽しめる!焼酎バーに夜カフェなど!熊本の夜あそび徹底ガイド
満点をとった旅館はどこだ!?感動のおもてなし部門「じゃらん泊まってよかった宿大賞2015」【東北】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP