体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【新感覚】iPhoneをシンセサイザー化するアプリ「NOISE 5D」が楽しそう

NOISE4

スマホを楽器と連動させたり、ピアノ練習したりできるアプリはすでに存在する。

しかし、このほど登場したのは、iPhoneやiPadそのものが楽器になるiOSアプリ「NOISE 5D」。これを使えばいつでもどこでも自由に音楽をクリエイトできる。

・鍵盤とつまみで

シンセサイザーというと、鍵盤に音を組み合わせたり周波を調整したりするつまみが付いているスタイルが定番。

NOISE

NOISE 5Dをダウンロードすると、まさに鍵盤とつまみのようなものがスクリーンに表示される。それらを操作して自由に音を奏でられる。

・タッチスクリーンをフル活用

ただし、当然物理的なつまみや鍵盤はなく、スクリーン上で指を滑らせたりタップしたりして操作する。

まさにモバイル端末のタッチスクリーン機能をフル活用し、オクターブの変更もタップひとつでできてしまうスグレモノなのだ。

NOISE3

アプリ(ダウンロード無料)には、バスやフルートなど25種類ものベースとなる音が用意されていて、さらに冒険したい人はアプリ内で音を追加購入することも可能となっている。

一体どんな音が奏でられるのか。サイトにあるデモビデオの演奏が秀逸なので、まずはそちらをチェックしてほしい。

アプリはiOS 9以降のiPhone、iPad、iPod touchで利用できる。

NOISE 5D

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。