ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

『光の館』は、新潟県十日町市で3年に一度だけ開催されている世界最大級の屋外芸術祭「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」に展示されている作品のひとつです。

宿泊できるアート作品
『光の館』って!?

光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』 光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』 光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』

展示がはじまったのは2000年のこと。しかし、常設展示となっているため、先に紹介した芸術祭の期間外にも閲覧できます。日中に見学したり、会議で利用したり、さらには宿泊することも。

作品を設計するにあたりインスピレーションを得たのは、小説家・谷崎潤一郎の文学作品『陰翳礼讃(いんえいらいさん)』。"陰翳"には、薄暗く趣のある変化があるという意味があります。

光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』

光のアーティストととも呼ばれる設計者ジェームス・タレル氏は、作中にある「われわれが既に失いつつある陰翳の世界」という一節を、外の光との調和によって表現したそう。

豪雪地域のため、家屋は伝統的な高床式となっており、四季折々の風景を高さのある視点から楽しめます。キッチンが自由に利用でき、自炊可能。

光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』

天井に四角い窓があるこちらの部屋は、屋根がスライドで開く仕組み。そのため、眩しい太陽光と切り離した状態で青空を眺められます。

光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』

夜空の色彩変化を意識する機会はあまりないかもしれません。でも、ここなら畳に寝転びながら空を眺め、徐々に移り変わる微妙な色の違いをゆっくりと感じられます。

光の演出やそのコントラストが醍醐味ですが、もとになったコンセプト「瞑想の館」の雰囲気もそこかしこから伝わってきます。

光に触れる浴室

光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』 光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』

これは宿泊者だけの特権。まるで光に触っているかのような感覚に。タレル氏ならではの"光の知覚"が味わえます。

光の魔術師がデザインした、泊まれるアート作品『光の館』

ただし、作品でもあるため宿泊にはいくつか条件アリ。

タレル氏は、3つの家族がこの宿で1晩交流することを望んでいるそう。そのため、少人数のグループで予約する際には他の団体と同泊になることもあります。もちろんそれぞれ部屋が別れますが、鍵などはなく施設の利用もすべて譲りあいに。

宿泊者同士の距離感も楽しいかもしれませんね。その他の詳細はホームページで。

Licensed material used with permission by 光の館

関連記事リンク(外部サイト)

NY育ちの女子大生が、イギリスの片田舎に留学して手に入れたモノ
海外でやってはいけない「18のコト」伊ではカプチーノに要注意?
飛行機のなかでもぐっすり眠る「10の秘訣」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。