ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

現役写真家がおすすめ!初心者が本当に買うべき一眼レフ入門3機種

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!フォトグラファーの上田です。旅にもって行くカメラで悩んでいる人って意外と多いように思います。

日常をさくっと撮影するならコンパクトなコンデジやiphoneなどでも十分ですが、せっかくなら旅行先の写真をもっとキレイに残したいですもんね。

 

そんな人たちが一番気になっているのは「デジタル一眼レフカメラ」ではないでしょうか?高価で難しそうだし、どのカメラを買ったらいいか迷ってしまいますよね。

そこで今回は代表的なカメラメーカー3社の特長と旅に持って行きたいおすすめデジイチ入門機をそれぞれ紹介したいと思います。

 

EOS Kiss X7 / Canon

photo by canon.jp

カメラと聞いて最初に出てくるメーカーのひとつではないでしょうか。世界一周の旅で出会った人の多くはCanonユーザーでしたし、僕もそのひとりです。

Canonの特長はオートフォーカスと人物撮影が得意ということ。他社に比べるとオートフォーカスの早さに定評があり、スポーツカメラマンのほとんどがCanon機を使っています。また、昔から白色に強く、人の肌感を美しく撮影できます。

Canonのおすすめ入門機は「Eos Kiss X7」。世界最小、最軽量なので旅に持って行くのにぴったり!旅先で一日中カメラをもって歩くのって意外と疲れてしまうので特に女性にはおすすめです。もちろん、性能面においてもこのクラスとしては文句の付けどころはありません。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X7 レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM付属 KISSX7-1855ISSTMLK
posted with カエレバ

キヤノン 2013-04-24

Amazon
楽天市場

 

D3300 / Nikon

photo by nikon-image.com

Canonとならんで人気のカメラメーカーのNikon。Nikonはありのままを撮影するのに優れており、風景やドキュメンタリー写真の撮影に向いていると言われています。

また、壊れにくいという面でも有名で、あのNASAも公式カメラとして採用しており、Nikon D3Sという機種は宇宙でも撮影されています。長期間旅行される人には「壊れにくいカメラ」はとっても魅力的だと思います。

Nikonのおすすめ入門機は「D3300」。こちらも小さくて軽いにもかかわらず、高性能な入門機で写りは上位モデルのD5300と同等クラスだと評判の素晴らしいカメラです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D3300 18-55 VR IIレンズキット ブラック D3300LKBK
posted with カエレバ

ニコン 2014-02-06

Amazon
楽天市場

 

K-30 / Pentax

photo by ricoh-imaging.co.jp

CanonやNikonほどではないですが多くのプロフォトグラファーにも愛用されているPentax機。Pentaxのカメラは防塵・防滴構造が採用されており、アクティブな旅が大好きなあなたには一番のおすすめメーカーかもしれません。砂埃や水滴に強いという面は旅カメラとしてかなりポイントが高いのではないでしょうか。

Pentaxのおすすめ入門機は「Pentax K-30」。シャッター速度やファインダーの見やすさという面で同じクラスのカメラより一歩先に進んでおり、また、機能も見た目は初級機でも中身は中級機だと言う人もいるほど。もちろん、Pentaxの強みである防塵・防滴性も問題なくどんな旅先でもアクティブに撮影できます。

PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-30 レンズキット [DA18-135mmWR] ブラック K-30LK18-135 BK 15637
posted with カエレバ

ペンタックス 2012-06-29

Amazon
楽天市場

 

まとめ

今回ご紹介した3機種は高性能というだけでなく、いずれも3万円〜5万円程度のものなのでコストパフォーマンスにも優れており、間違いなくおすすめできるものばかりです。

もちろん、これらのメーカー以外にもSonyのカメラは動画撮影に強いなど各メーカーにはそれぞれの長所があるので自分の旅にあったカメラを探してみてください。きっと旅がもっと楽しいものになること間違いないですよ!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP