ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

地球の裏側でカウントダウン!一度は経験したい南米の年越し4選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年もコタツに入って「笑ってはいけない24時」を見ながら、CMになるたびにちょっと番組変えてなんとなーく年越し迎えるのかぁとか思っているそこのあなたへ朗報です。

地球の裏側では最高にアツく、一度行ったら忘れることのできない年越しがあなたを待っています。今回はそんな地球の裏側、南米の年越しをご紹介します。

 

世界最大級の花火とライブで年越し inリオデジャネイロ

photo by Leandro’s World Tour

サンバの国ブラジル。第2位の都市、ここリオデジャネイロにあるコパカバーナビーチではレヴェヨン(Réveillon)と呼ばれる年越しイベントに毎年200万人以上が集まり、世界で最もアツい年越しと言われています。

12月31日、昼間からビーチではあちらこちらで音楽が鳴り響き、お酒片手にみんなで乾杯。夜になるとライブが始まり、盛り上がりはさらに上がっていきます。

年越し近くになり、カウントダウンが始まると盛り上がりは最高潮に!! そして1/1になると同時に、海面に浮かぶ10以上のボートから数キロにもわたり、一斉に花火が打ち上がります。

約15分のうちに海から30000発以上の花火が打ち上げられ、その後もライブが続いて行きます。1つ注意して欲しいのが盛り上がりすぎて海に飛び込まないでくださいね。夜の海は大変危険です。

 

恋人がいなくても寂しくない!!モアイと見る初日の出 inイースター島

photo by nyanchew

モアイが有名なイースター島。そうです、モアイです。今年の年越しはモアイ像があなたのお相手です(笑) 冗談です。ごめんなさい。

イースター島の年越しですが、メインは日の出。年越しの12/31の夜は花火が上がる年があったり、なかったり。

しかし、1/1の朝は何体ものモアイ像と初日の出の絶景を目撃できます! 是非その感動をモアイ達と分かち合いましょう。

 

海鮮天国で最高の花火と年越し inビーニャデルマル

photo by shutterstock

photo by laurademarco

ビーニャデルマルなんて聞いたことないという方が多いはず。しかし、ここは日本人には嬉しい海鮮の天国!! サーモンにあさり、あなご、アワビ、白身魚などなど日本人に馴染みある魚が豊富♪

それだけでも嬉しいのにここでは、年越しの際に海上からリオの年越しに並ぶとも言われる花火が打ち上がります。

そしてこの花火を見ようと12/31には多くの観光客が集まります。そして1/1になると海上のボートから約15分間に及ぶこちらは圧巻です。

 

水面に浮かぶ初日の出 inウユニ塩湖

photo by wallygrom

一生に一度は行きたい場所ということで、TABIPPOからも写真集が出され、日本でもかなりに人気になってきているウユニ塩湖。

一面が空との鏡張りになっており、水辺線がどこだかわからなくなってしまう、そんな場所。そんなウユニ塩湖での年越しはいかがでしょうか。

 

空と地に2つの太陽が昇る初日の出。世界でもそれを見ることができるのはほんの一握りの人々のみです。標高が高くとても寒いですので、厚着でお出かけください!

ちなみに来年(2016)最初の新月は1月10日となっておりますので、そちらに合わせて絶景の星空を見に行くのもいいですね♪

 

まとめ

いかがだったでしょうか!! 一生に何十回とする年越しの1回くらいは地球の裏側で過ごしてみては♪ 新年を福袋と過ごすのもありですが、今年は海外の人々と新年の訪れを共に祝うというのもありですね。

南米はラテンの国々があり、いる人いる人、みんな陽気。そんな南米での新年の合言葉は,,,

¡Feliz Año Nuevo! (フェリス アニョ ヌエボ!) 新年おめでとう!

皆様、良いお年を。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP