ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

掃除での水拭きは雑菌を広げる アルコール+から拭きを推奨

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「ぬめりや油汚れを放っておくと、ほこりや髪の毛が絡みます。そうなったら汚れを落とすのにも一苦労。でも、日頃からこまめに掃除をしていれば、汚れも簡単に落とせてストレスになりません」とは、家事代行サービス『CaSy』の片岡祐子さん(「」内、以下同)。

 そこでおすすめなのが、日替わりで1か所ずつ5分程度の掃除を続ける“小掃除”。毎日するのは一見大変そうだが、落ちにくくなるまで汚れをためるより、時間も労力もかからない。

「“小掃除”には、3種の洗剤を用意しておくと便利。窓用、キッチン用など専用洗剤を使い分ける必要はありません」

 例えば拭き掃除。水拭きは、雑菌を広げるのでNG。机や床など水拭きしていた部分は、アルコールスプレーをかけてから、から拭きすること。

「油汚れにはセスキ炭酸ソーダ、カビやぬめりは塩素系漂白剤を使うと覚えて」

 お掃除三種の神器はこの3つ。

◆アルコールスプレー
 別名エタノールスプレー。殺菌・消毒効果があり、キッチンや浴室、床、机、窓など広範囲で使える。湿気による嫌なにおいも抑えてくれる。

◆セスキ炭酸ソーダ
 重曹と同じアルカリ剤だが、より水に溶けやすく油汚れに強い。水500mlに対して約5g溶かして使う。白残りもしづらい。100円ショップで購入可。

◆塩素系漂白剤
 カビを落としたり、排水口のぬめりを取る時に使用。ほかの洗剤とまざると有毒ガスを発生することもあり注意。使用時は手袋やマスクを用意して。

 小掃除のルールは、部屋ごと日替わりで1日5分集中掃除。拭く時は上から下、奥から手前に。頑固な汚れには力技で対抗せず“湿布掃除”を。

※女性セブン2016年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
鶴久政治 換気扇の羽の汚れとシンクの水あか取る方法を解説
食器のつけおき洗いやフローリングの掃除に使える米のとぎ汁
ミキティにトイレ掃除を伝授 壁に飛び散った尿を拭き取れ!

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP