ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【絶賛】スターウォーズのダースベイダーが子育てする絵本が世界的に大人気

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年12月18日から公開されている映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」。配給がディズニーになったことで、今までとは一味違うスター・ウォーズが楽しめる。ここから新たなスター・ウォーズ伝説が始まると思うと胸が躍る。

・ダースヴェイダーとルーク
そんなスター・ウォーズの公式書籍で、大きく注目されている作品があるのをご存知だろうか? それは「ダースヴェイダーとルーク」というタイトルの絵本で、ダースベイダーが息子のルークを育てるというもの。以下は、絵本の紹介文を一部引用したものである。

・絵本の紹介文
「ダースヴェイダー(父)&ルーク・スカイウォーカー(息子4歳)、銀河の彼方で繰り広げる父と息子の日常ストーリー。シスの暗黒卿ダースヴェイダーは、反乱同盟軍の英雄たちと戦うべく、銀河帝国軍を率いる。だが、そのまえに、まず4歳の息子、ルーク・スカイウォーカーと遊んでやる必要がある…」(引用ここまで)

・人間愛を持ち合わせていたキャラクター
本来ならば恐ろしい存在のダースベイダー。しかし、どこかに残る家族への愛情。単なる恐怖の象徴というだけでなく、人間愛を持ち合わせていたキャラクターだからこそ、このような絵本が成立するのだと思われる。

・ダースベイダー絵本を多数出版
著者のジェフリー・ブラウン氏は「ヘタウマ」系の漫画家として有名で、「ダースヴェイダーと仲間たち」や「ダースヴェイダーとプリンセスレイア」など、ダースベイダーシリーズの絵本を多数執筆している。そのほとんどが日本語に翻訳され、Amazonや書店で購入できるので、気になる人は読んでみるといいかもしれない。

ちなみに、カレンダーやポストカードも販売されており、絶大な人気を得ている。

https://youtu.be/MFNJGujBInI

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/21/darth-vader-and-luke/

Via: ダースヴェイダーとルーク

Buzz+ バズプラス
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP