ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドレスコーズ、ツアーファイナルで来年3月に6都市ツアー「R.I.P. TOUR」開催発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

12月19日に東京・Zepp DiverCity TOKYOにて、志磨遼平のソロプロジェクトとなったドレスコーズのツアー「Tour 2015 “Don’t Trust Ryohei Shima” JAPAN TOUR」ツアーファイナルが開催された。

本ツアーでは、ギターに元毛皮のマリーズでもある盟友・越川和磨、ベースに3rd ALBUM「1」、4th ALBUM「オーディション」のベースを務めた有島コレスケ(told、arko lemming他)、ドラムスに中村達也がサポートを務めることでもすでに話題となっていた。

開演ブザーが会場に鳴り響くと客席からは大きな歓声が上がり、歓声の中を中村達也、有島コレスケ、越川和磨が次々に登場、3人による演奏が重なると志磨遼平が登場し、ツアーファイナルが遂にスタートした。

ライブは毛皮のマリーズのラストアルバム「THE END」に収録された「HEART OF GOLD」からスタート。その後も最新アルバム「オーディション」のリードナンバーである「スローガン」や、毛皮のマリーズメジャーデビューアルバムからのリードナンバー「ボニーとクライドは今夜も夢中」等ドレスコーズ、そして毛皮のマリーズのナンバーを縦横無尽にミックスした志磨遼平の音楽人生を表すようなセットリストに仕上げられた。

その後も「オーディション」収録曲「jiji」、「もあ」、「愛さなくなるまでは愛してる(発売は水曜日)」やドレスコーズ(バンド期)の代表曲「トートロジー」、毛皮のマリーズの代表曲「ビューティフル」等、全16曲を披露。

アンコールには、ライブラストナンバーとして定着しつつある「愛に気をつけてね」をパフォーマンスし、印象的なフレーズである「キライ!キライ!」という大合唱と共にライブは締め括られた。

また、ライブ内で来年3月3日より浜松・広島・神戸・新潟・盛岡・横浜を回るツアー「the dresscodes R.I.P. TOUR」の開催を発表。ライブツアーは公式スマートフォンサイト「the dresscodes magazine」で、12月21日の10:00から会員先行受付が開始されている。

Photo by HAJIME KAMIIISAKA

「Tour 2015 ”Don’t Trust Ryohei Shima” JAPAN TOUR」<セットリスト>
1.HEART OF GOLD
2.スローガン
3.ボニーとクライドは今夜も夢中
4.jiji
5.もあ
6.愛さなくなるまでは愛してる(発売は水曜日)
7.Lily
8.ダンデライオン
9.それすらできない
10.あん・はっぴいえんど
11.ゴッホ
12.愛する or die
13.犬ロック
14.ビューティフル
15.みなさん、さようなら
・EN
1.愛に気をつけてね

ツアー情報
「the dresscodes R.I.P. TOUR」
チケット:一般発売 2月6日(土)
ファンサイト先行:12月21日(月)10:00〜2016年1月7日(木)23:00
前売:3,800円
当日:4,300円
<ライブスケジュール>
3月3日(木)浜松・メスカリンドライブ
OPEN 18:30 / START 19:00
JAILHOUSE(052-936-6041)

3月5日(土)広島BACK BEAT
OPEN 17:30 / START 18:00
夢番地(広島)(082-249-3571)

3月6日(日)神戸Kobe SLOPE
OPEN 17:30 / START 18:00
清水音泉(06-6357-3666)

3月12日(土)新潟GOLDENPIGS-BLACK STAGE
OPEN 17:30 / START 18:00
新潟GOLDEN PIGS BLACK STAGE(025-201-9981)

3月13日(日) the five morioka
OPEN 17:30 / START 18:00
GIP(022-222-9999)

3月19日(土)横浜Bay Hall
OPEN 17:15 / 18:00
HOT STUFF PROMOTION(03-5720-9999)

関連リンク

ドレスコーズ Official Websitehttp://the.dresscod.es/
ドレスコーズ EVIL LINE RECORDS Websitehttp://www.evilline.com/thedresscodes/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP