ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

グレースノートが『Billboard Japan Hot 100』年間チャートを楽曲解析、2015年「音楽のムード」 は”エキサイティング”

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
グレースノートが『Billboard Japan Hot 100』年間チャートを楽曲解析、2015年「音楽のムード」 は”エキサイティング”

グレースノートが、今年の『Billboard Japan Hot 100』年間チャートの100曲を対象に楽曲解析を行ったところ、2015年を象徴する「音楽のムード」は1位はExcited(エキサイティング)という結果になった。

2位はEmpowering(力づける)、3位以降はUrgent(切迫した)、Defiant(大胆な)、Yearnig(切望、 憧れ)となっている。

2015年のBillboard Japan Hot 100には、「ドラゲナイ」の略称が浸透しロングランヒットとなったSEKAI NO OWARI「Dragon Night」、テイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ」、カーリー・レイ・ジェプセン「アイ・リアリー・ライク・ユー」、そしてEDM要素を取り入れた三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」「Summer Madness」などがトップにランクイン。

ダンスポップミュージックの快進撃により「エキサイティング」「アップビード」、テンポの早さを表す「Urgent(切迫した)」などのムードが目立つことが今年の特徴。紅白初出場が決定した、ゲスの極み乙女。や、3曲がチャートインした嵐、毎年ヒットチャート常連の西野カナ、家入りレオ等の楽曲は「Empowering(力づける)」「Yearning(憧れ、切望)」「Defiant(大胆な)」などのムードを表す結果となった。

グレースノートのムード解析は、曲の波形解析と人間の耳を駆使して開発した技術。音楽を聴いて感じる気分は人それぞれ主観的なものだが、グレースノートでは楽曲に付随する感情情報を定量化し機械学習で自動付与するシステムを実現。新譜にもリリースと同時にムード情報を付け、当社が提供する多様な楽曲メタデータとあわせて多くの音楽サービスで活用されている。

関連リンク

グレースノート
グレースノート Facebook
グレースノート Twitter

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。