ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

ニンテンドーDSi用マジコン登場! その名も『R4i』!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ニンテンドーDSのゲームデータをインターネットや光ディスク、ゲームソフト経由でコピーし、ゲームソフト自体を所有していなくともゲームで遊べてしまう違法性の高いゲームコピー機『R4』。通称・マジコン(マジックコンピュータの略)と呼ばれているこの機器に関して、任天堂が輸入販売元と裁判で闘い勝利。日本での販売や輸入を禁止することを実現させた。また、ニンテンドーDSやニンテンドーDSliteでは『R4』が使用できたものの、ニンテンドーDSiにグレードアップしてからは、『R4』が使用できなくなっていた。

しかし! ここにきて海外ではさらなる進化を遂げた2種類の『R4』が誕生。そのうちのひとつが、ニンテンドーDSiでも使用可能な『R4i』である。ガジェット通信編集部は、タイ人の通訳が偶然にも所持していた『R4i』を間近に見ることができたので、独自取材で入手した新『R4』のスペックとあわせて詳しく報告する。

従来の『R4』は海外ですでに値崩れしており、タイでは1個200~400バーツ(600~1200円)で売られている。ニンテンドーDSiでは使用できないとされているうえ、日本では事実上の違法な品物として扱われている。次に『R4 SDHC』という新機種もあり、これはデータのハイスピード転送が可能なSDHCカードに対応しており、快適にデータの出し入れができるというもの(違法性が強いので快適にやってもらっちゃ困るが)。価格は600バーツ(1800円)ほどで、いまいちばんの主流になっている『R4』シリーズだという。そして最新マジコンが、ニンテンドーDSiでも使用可能な『R4i』だ。これは800バーツほどで売られており、市場にもあまり出回っていないという。

偶然にもゲームマニアだというタイ人のコーディネーター兼通訳のポルポムさんは『R4i』を所持しており、当取材班に見せてくれた。実際、タイ・バンコクの世界最大級の違法コピーマーケットでも売られていたが、1店舗でしか売られていなかった。

とにかく、所持していないゲームソフトをコピーして遊ぶことを目的とした使い方をしている人が多くいる『R4』は、ゲーム業界にとって大きなダメージを与える存在であるのは確かだ。任天堂がいかにコピーできないように仕組みを作ったとしても、イタチゴッコのようにさらなるパワーアップを遂げた『R4』が登場してしまう。この流れをなくすためには、どうすればいいのただろうか? ゲーム業界の解決するべき大きな問題のひとつである(このニュースの詳細記事はこちら)。
 

■こんなゲームに関する記事もあります
DSだよ! 休刊雑誌『歴史と旅』が電子書籍コンテンツになって再登場
【裏業界インタビュー】マジかよ! ゲーム業界の実態を暴く 前編
カワイイったらありゃしない! あのRioちゃんがiPhoneに登場!
【E3通信】世界最大のゲームショウE3公式ホテルが登場! E3特典付き
胸がユレすぎるゲーム『ドリームクラブ』動画が約10万再生を達成!

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。