ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『インサイド・ヘッド』の作曲家マイケル・ジアッキノ、『スター・ウォーズ』からの影響を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

作曲家マイケル・ジアッキノは、米ウォルト・ディズニー傘下のピクサー・アニメーション・スタジオによるアニメ映画『インサイド・ヘッド』を含め、2015年に4本の映画で映画音楽を手掛けた。ジアッキノは本紙ヴァラエティに、若い時に感化された創造力ついて語った。

この話題は、2015年12月15日の本紙ヴァラエティに最初に掲載されている。

どこで育ちましたか?

ニュージャージーです。公立学校の教師だった両親に、3人の兄弟と育てられました。

子どもの頃は何になりたかったですか?

1977年の夏、私が9歳だった時に映画『スター・ウォーズ』を観て、「これが私のやりたいことだ」と思いました。「これ」が何を意味するのか分からなかったけれど、スクリーン上にあったものであれば、何でもいいからその一部になりたかった。それから、『レイダース/失われたアーク《聖櫃》』、『E.T.』、『トロン』、『ポルターガイスト』やその他たくさんの映画を観て育ちました。その後、ポケットサイズのカセットレコードを映画館に持ち込み始め、録音して、何度も何度も聞いていました。この時はそう思わなかったけれど、今思い返せばこのテープのおかげで、サウンド、音楽、会話がどのように連携して動くのかを知ることになりました。映像なしでどう動くのかを知ることが出来ました。これこそが、私が最初に映画音楽とサウンドについて学んだ事でした。

どんな音楽を聴いていましたか?

『スター・ウォーズ』を観る前は、ジョン・フィリップ・スーザ、ルイ・プリマ、ベニー・グッドマンやクラシックの音楽が好きでした。私の父が持っていたアルバムで、アナログ盤のレコードでした。父は、ドイツで買ったヘンリー・マンシーニの『ピーター・ガン』のサウンドトラックを持っていました。私が「この音は何?」と父に聞くと、父は「これはサクソフォーンだよ」 「これはサミー・ブテーラだよ、聞いてごらん」と答えてくれました。父は、私に音楽への愛情を伝えました。叔父は電気店を営んでいて、レコード会社RCAがデモレコードを送っていました。そのうちのひとつが、ピーター・ネロの『ダイナグルーブ』のレコードでした。ピーターはとても素晴らしいジャズピアニストで、彼の演奏は派手で力強く、例えば、オーケストラをスコットランド民謡『マイ・ボニー』に一体化させていました。私の兄弟がレッド・ツェッペリンを大音量で流している一方で、私は部屋でピーター・ニーロやジョン・フィリップ・スーザを聴いていました。1970年代の普通の子どもではまったくなかったのです。

学校は好きでしたか?

素晴らしい生徒ではなかったです。午後3時が来るまで、ほとんどを時計を見て過ごしました。そして家に急いで帰り、『ディック・ヴァン・ダイク』や『特捜隊アダム12』を見て、それから映画を作るようになりました。宇宙船の浮かせ方や、ストップモーションムービーや実写映画、精巧な装置の作り方を見出そうとしていました。私の人生は映画製作に捧げていると言えます。その一部は、映画音楽への止むことのない熱意でした。また、操り人形師のジム・ヘンソンと彼の作ったマペットから大きな影響を受けました。タイミングやコメディ、そして音楽について学びました。彼らは、エルトン・ジョンのようなポップ歌手から1920年代の歌まで、あらゆるスタイルの音楽を披露しました。私はいつも何かを学んでいました。

いつ作曲をスタートしたのですか?

高校時代、私はミュージカルをしていました。たくさんの待ち時間があり、その時間はピアノを弾いていました。ピアノのレッスンを受けていたのですが、最も出来の悪い生徒でした。練習が嫌いだったのです。でもピアノで何か作曲させたら、何時間でも作曲し続けることが出来ました。それで作曲を始めました。初めての作曲は、私のお気に入りの本である『スリーピー・ホローの伝説』の一部からでした。その後、ニューヨークの映画学校(スクール・オブ・ビジュアル・アーツ)に進学し、映画において最も重要な要素は最適な音楽を見つけることだ、と認識しました。そして、そのためのクレイジーな過程が始まったのです。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP