ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

オール女性キャストによるリブート版映画『ゴーストバスターズ』、新しいポスターと画像が公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オール女性キャストでリブートする新作映画『ゴーストバスターズ』の新たなポスターと画像が公開され、とても素晴らしい仕上がりとなっている。

ポスターは、ゴーストバスターズでおなじみのジャンプスーツとプロトンパックに身を包んだ主演のクリステン・ウィグ、ケイト・マッキノン、レスリー・ジョーンズ、メリッサ・マッカーシーをクローズアップしている。オリジナル作の風変わりなトーンと比べ、今回の画像はよりムーディな雰囲気を醸し出している。

今週早々に、新キャストの写真がツイッターを盛り上げた:



これから公開となる全員女性キャストによる同作は、インターネット上で、シリーズ化は破滅するだろうと言われ多数の反感を買っていた。

ウィグは、「私たちが女性だからという理由でとても多くの論争があったという事実に驚いた。一部の人たちは、女性キャストだけの作品だという事実についてとても不快なことを口にしていた。別に気に障らなかったけど、ただ本当にがっかりだった。私たちはこの映画を本当に高く評価している」と、今年の初めに話している。

同作を監督するポール・フェイグも、映画に関する反響に驚いた。

フェイグ監督は、「これまでの人生で最もひどく、女性に対してうんざりする最低作」というソーシャルメディアの反応に、「辛辣な言葉の量に驚いた」と、述べた。

今回の気骨あるポスターは、おそらく反対派を黙らせることになるだろう。リブート版『Ghostbusters(原題)』は、2016年7月22日に米劇場公開となる。

全ての写真は、米ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメントの許可を受けて掲載している。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP