ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

家事えもん直伝! 年末の大掃除テクニック

DATE:
  • ガジェット通信を≫


J-WAVE日曜の番組「SMILE ON SUNDAY」(ナビゲーター:レイチェル・チャン)のワンコーナー「THERMOS SMILE LABO」。12月20日のオンエアでは、掃除芸人・家事えもんこと、松橋周太呂さんが登場し、年末の大掃除テクニックを聞いてみました。

今年も残りわずか。まだ大掃除が済んでいない人のために、松橋さんが場所別の大掃除テクニックを教えてくれました。

■キッチンまわり
油汚れには、水1に対して重層2の割合で混ぜてペースト状にしたものをかけ、その上からサランラップをかけて、時間をおいておくと汚れがおちやすいそう。また、コゲや水垢に対しては、重層を粉の状態で使いサランラップでこすると良いとか。とくに頑固な汚れには、使わなくなったポイントカードなどを細く切って削るように使うと、細かい場所の汚れもとりやすいそうです。ちなみに、オススメのクレンザーは「茂木和哉」という商品。

■網戸
市販の「セスキ炭酸ソーダ水」をスプレーボトルに入れ、いらなくなったボディタオルにかけて網戸を磨くと、汚れをかきだしてくれるそう。同じ方法で、湯船の汚れやフローリングのペットのおしっこ汚れなどにも効果があるそうです。

■窓のパッキン
結露でカビが生えてしまった場合、ティッシュやキッチンペーパーを細く丸めてカビ取り剤を染み込ませます。こよりをゴム部分にのせてサランラップをかけて30分ほど放置すると良いそう。窓のアルミ部分についてしまうと変色してしまうので注意。最後は水拭きで仕上げましょう。

■カーペット
ゴム手袋で、なでると髪の毛など細かい汚れがよくとれるそう。掃除機をかける前にすると時間短縮になるそうです。

意外な身近なものが使える大掃除テクニック、いかがでしたでしょうか? 大掃除を効率良く終わらせて気持ち良く新年を迎えてくださいね。

【関連サイト】
「SMILE ON SUNDAY」オフィシャルサイト
http://www.j-wave.co.jp/original/smileonsunday/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。