ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「ガラクタ集め」から「神!」へ 『大人の科学マガジン』編集部インタビュー

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
『大人の科学マガジンwith KIDS』のふろく「音の万華鏡」

  学研教育出版が発行するふろく付きムック『大人の科学マガジンwith KIDS 音の万華鏡』の発売イベントが2011年7月26日に行われ、またその模様は同日19時からニコニコ生放送で中継される。『大人の科学マガジン』とは、組み立て式の科学キットがふろくに付いた雑誌だ。これまでに「探偵スパイセット」「テルミンmini」「35ミリ二眼レフカメラ」などの本格的なふろくでファンを魅了してきた。

 初の小・中学生向けとして2011年6月19日に発売された『大人の科学マガジンwith KIDS』のふろくは、音が見える実験装置「音の万華鏡」。来るニコニコ生放送に先駆け、『大人の科学マガジン』編集長の西村俊之さん、同編集部の古川英二さん、図鑑・百科編集室の吉野敏弘さんにお話を伺った。

 西村編集長はインターネットの発達によって”場所”が生まれ、科学的好奇心を持っていながら昔は「ガラクタばかり集めて・・・」と言われていた子どもたちが、今は「神!」と呼ばれていることに驚きと喜びを表し、「ニコニコ動画への投稿は大歓迎」と語ってくれた。

[ニコニコ生放送]大人の科学マガジン発売記念 音が見える?音の万華鏡イベント – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57317313?po=news&ref=news

■「うわっ、すげえ」を共有してほしい

『大人の科学マガジン』編集長の西村俊之さん

――今回の『大人の科学マガジンwith KIDS 音の万華鏡』は、初の小中学生向けですね。

西村: どの号でも、子どもと親が一緒にやってほしいという気持ちがあります。実際、”with KIDS”が付いていないものでも、読者はがきは10代から80代という年齢層の方から送られてきます。買っている層として多いのは40代なので、親が買って子どもと一緒に作っていることもあると思います。でも今回は、その主体を子どもに持っていって、子ども向けのふろくを作りたかったんです。

――子どもを主役にして、親と一緒にやってほしいと。

西村: 音の万華鏡の実験は、「うわっ、すげえ」と思って誰かに見せたくなると思うんですよ。一人でやるより、横から茶々を入れながらやると、圧倒的に楽しくなるんです。そういうことを家庭の中でもやってほしいと願っています。

■役に立たなくても、楽しんだことが溜まっていく

『大人の科学マガジン』編集部の古川英二さん(左)と図鑑・百科編集室の吉野敏弘さん

――この号のコンセプトを教えてください。

吉野: 子ども向けなので、今までの『大人の科学』とは少し違う、実験の色合いを強く出したものにしようと考えたんです。子どもがやるにあたって大事なのは、自分で工夫し、手を動かしてもらうこと。これは自分で工夫しながらできるふろく。「スイッチを入れておしまい」ではなく、物を変えたり、形を変えたりという物づくりの楽しみとか、実験を楽しんでもらおうと考えました。

――「音の万華鏡」の魅力とは何でしょうか。

吉野: 「見えないものが見える」ということですね。音という普通見えないものが見える。模様がすごく奇麗に、しかもいろいろ出てくる。やっていて出したくなるし、楽しいと思います。

古川: 雑誌の中で紹介している以外の模様もあります。高い音になれば模様が細かくて、低く周波数を下げていけば、模様の線が少なくて大きい模様になる。「変えていったらどんな模様になるんだろう?」と考えてほしいです。素材を変えたり、実験しようと思うと工夫ができるんです。

西村: 実はこれは全然実用的ではありません(笑)。これ自体を楽しむしかない。でも、理科の実験ってそういうのが多くて、楽しんだことが自分の中に溜まっていく――。そういう経験はなかなかできないと思うので、ぜひたくさんの人に触れてほしいです。すぐ役に立つか立たないかで判断しがちですが、何かの役には立たなくても、それを知っていて大人になるのと、知らずに大人になるのとでは、何かしら違う道が見えるはずです。

■ニコニコ動画への投稿は大歓迎

『大人の科学マガジン』編集長の西村俊之さん

――ニコニコ動画に『大人の科学マガジン』のふろくを使った動画がよく上がっています。ご覧になったことはありますか?

西村: もう、大歓迎です。とくに「ニコニコ技術部」に属するものは、すごい。「こんな使い方、できても普通はやらないでしょう」みたいなことを真面目にやっているんですよね。それを見て、「それができるんだったら自分も」と思ってくれる人がいる。最初に動画が上がり始めたのは、シンセ(アナログシンセサイザーSX-150)の動画ですね。シンセの時に、「ハレ晴レユカイ」の演奏が初っ端に上がっていて、それがめちゃめちゃ上手かったんです。「このシンセでそんな演奏ができるの?」ってくらい(笑)。ものすごくレベルの高いものが集まっていますよね。アマチュアとかプロとか関係なく、普通に『大人の科学』のふろくを楽しんでくれた動画が上がっていることは、僕らが伝えきれない”幅”を伝えてくれるんです。

 それから、ニコ動のポイントはコメントが付くところですね。そうすると、作る方も見る方も、何となくオチを求めるじゃないですか。ミニビースト(※テオ・ヤンセンのミニビースト。組み立てると風の力で動く)の動画でも、Youtubeに上がっているものは「完成しました。シャカシャカシャカシャカ(ミニビーストが歩く)」で終わるものが多いんですが、ニコニコ動画だと「シャカシャカ」の後に「改造します」と続くんですね。

 例えば、4ビットマイコン(4ビットマイコンGMC-4)で「けいおん!」の主題歌を演奏したという動画があります(【大人の科学】4ビットマイコンで Don’t say “lazy” 【けいおん!】)。最初はピコピコピコピコって音が始まるんですよ。でも、それをその人は16回オーバーダブ(多重録音)した。16個のパターンにして、動画ではいきなり音が16種類になる。最初は「なんだよこれ」「え?」みたいなコメントがつくけれど、音が増えたところでコメントが「神!」に変わる。それをやるのは結構大変なんですよね。でも見ている人には「これができるんだ」ということが分かる。「音の万華鏡」を使った動画も早くできないかなと思います。

■「ガラクタばかり集めて・・・」から「神!」へ

2011年7月30日発売の別冊に付くふろく「テオ・ヤンセンのミニ・リノセロス」

――西村編集長はニコ動にお詳しいですね。

西村: ニコ動に限らず、『大人の科学』を立ち上げた時からネットを見るようにしていて、『大人の科学』と名のつくブログはほとんど見ています。『大人の科学』をネットで広めてもらって、反対に、ネットで面白い物を見つけたら、編集部のツイッターなどで紹介することができる。「大人のオタク工作部」(面白い物づくりをしている大人を取材する『大人の科学マガジン』のコラム)の連載も、ニコニコ技術部に上がっているような、名もないすごい人たちを紹介しようということで始まったんです。

――インターネットとの相乗効果で広がっているんですね。

西村: そうですね。そういう工作を発表する場って、今までなかったんです。でも、昔だったら母親に「ガラクタばかり集めて・・・」と言われていた子どもが、「神!」と呼ばれる場が存在していて、日本中で広がっている。これってすごいことですよね。世界のことは分からないけれど、日本人はちまちま物を作ることが好きなんでしょうね。そういう素養を持っている人たちの背中をたたいてあげたいから、この雑誌を作っているという感じです。まだ実現はできてないんですけど、「あ、こんな作り方している人がいるから、これをふろくにしちゃおう」ということができたら面白いなと思っています。

――ニコニコ動画に投稿されたら、すかさず見るということですか?

西村: 『大人の科学』タグが付いていたら、もう必ずチェックします。

――どのような動画を期待しますか?

西村: それは・・・僕が言えないような動画ですよ(笑)。僕が想像できないような動画を期待します。

――今回の生放送はどのような人に見てもらいたいですか?

西村: イベントに来られなかった親子にも見てもらいたいですね。自由研究にもなるかも。

――最後に、ニコニコ動画のユーザーの方へメッセージをお願いします。

西村: 「音の万華鏡」はもちろんのこと、そのほか『大人の科学』を使った僕がビックリするような動画を、皆さんアップしてください! 待っています。

(了)

【ニコニコ動画】音の万華鏡(大人の科学マガジンふろく)

大人の科学マガジン発売記念 音が見える?音の万華鏡イベント

(伊川佐保子)

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]大人の科学マガジン発売記念 音が見える?音の万華鏡イベント – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57317313?po=news&ref=news
・大人の科学.net – 公式サイト
http://otonanokagaku.net/

【関連記事】
一瞬で人ごみを消す”Photoshop伝道師”ラッセル・ブラウンがPhotoshop CS5を解説
ニコ厨で即席バンドやろうぜ! 「ニコ生セッション♪」の始め方
「宮崎駿ワールド」をレゴで完璧に再現 ジブリを愛するアメリカ人芸術家
ネットとリアルの融合を実現したニコファーレの次世代ライブ
合コン生中継、ニコ生視聴者の指示で場が凍りつく!?

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。