体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「ガラクタ集め」から「神!」へ 『大人の科学マガジン』編集部インタビュー

『大人の科学マガジンwith KIDS』のふろく「音の万華鏡」

  学研教育出版が発行するふろく付きムック『大人の科学マガジンwith KIDS 音の万華鏡』の発売イベントが2011年7月26日に行われ、またその模様は同日19時からニコニコ生放送で中継される。『大人の科学マガジン』とは、組み立て式の科学キットがふろくに付いた雑誌だ。これまでに「探偵スパイセット」「テルミンmini」「35ミリ二眼レフカメラ」などの本格的なふろくでファンを魅了してきた。

 初の小・中学生向けとして2011年6月19日に発売された『大人の科学マガジンwith KIDS』のふろくは、音が見える実験装置「音の万華鏡」。来るニコニコ生放送に先駆け、『大人の科学マガジン』編集長の西村俊之さん、同編集部の古川英二さん、図鑑・百科編集室の吉野敏弘さんにお話を伺った。

 西村編集長はインターネットの発達によって”場所”が生まれ、科学的好奇心を持っていながら昔は「ガラクタばかり集めて・・・」と言われていた子どもたちが、今は「神!」と呼ばれていることに驚きと喜びを表し、「ニコニコ動画への投稿は大歓迎」と語ってくれた。

[ニコニコ生放送]大人の科学マガジン発売記念 音が見える?音の万華鏡イベント – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv57317313?po=news&ref=news

■「うわっ、すげえ」を共有してほしい

『大人の科学マガジン』編集長の西村俊之さん

――今回の『大人の科学マガジンwith KIDS 音の万華鏡』は、初の小中学生向けですね。

西村: どの号でも、子どもと親が一緒にやってほしいという気持ちがあります。実際、”with KIDS”が付いていないものでも、読者はがきは10代から80代という年齢層の方から送られてきます。買っている層として多いのは40代なので、親が買って子どもと一緒に作っていることもあると思います。でも今回は、その主体を子どもに持っていって、子ども向けのふろくを作りたかったんです。

――子どもを主役にして、親と一緒にやってほしいと。

西村: 音の万華鏡の実験は、「うわっ、すげえ」と思って誰かに見せたくなると思うんですよ。一人でやるより、横から茶々を入れながらやると、圧倒的に楽しくなるんです。そういうことを家庭の中でもやってほしいと願っています。

■役に立たなくても、楽しんだことが溜まっていく

『大人の科学マガジン』編集部の古川英二さん(左)と図鑑・百科編集室の吉野敏弘さん

――この号のコンセプトを教えてください。

吉野: 子ども向けなので、今までの『大人の科学』とは少し違う、実験の色合いを強く出したものにしようと考えたんです。子どもがやるにあたって大事なのは、自分で工夫し、手を動かしてもらうこと。これは自分で工夫しながらできるふろく。「スイッチを入れておしまい」ではなく、物を変えたり、形を変えたりという物づくりの楽しみとか、実験を楽しんでもらおうと考えました。

――「音の万華鏡」の魅力とは何でしょうか。

吉野: 「見えないものが見える」ということですね。音という普通見えないものが見える。模様がすごく奇麗に、しかもいろいろ出てくる。やっていて出したくなるし、楽しいと思います。

古川: 雑誌の中で紹介している以外の模様もあります。高い音になれば模様が細かくて、低く周波数を下げていけば、模様の線が少なくて大きい模様になる。「変えていったらどんな模様になるんだろう?」と考えてほしいです。素材を変えたり、実験しようと思うと工夫ができるんです。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。