体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ゴールデンに出ようとは「1ミリも思わず深夜番組を作った」 アナログ停波特番(3)

フジテレビ「新・週刊フジテレビ批評」プロデューサーの福原伸治氏

 58年の歴史に幕をおろしたアナログテレビ放送。被災した東北3県をのぞく地域で完全停波となった2011年7月24日深夜、ニコニコ生放送「アナログ停波特番『テレビはどこへ行く』」が放送された。フジテレビ「新・週刊フジテレビ批評」プロデューサー・福原信治氏は90年前後の深夜番組を振り返り、制作者として「とにかく変わったこと、新しいこと、面白いこと、それをやろう」というポリシーがあったとし、ゴールデンタイムへの番組進出については「1ミリも思わずにやっていた」と語った。

「尾木ママがBPOの委員だった」 アナログ停波特番(2)
http://news.nicovideo.jp/watch/nw91590

 以下、番組を全文書き起こすかたちで紹介する。

■津田氏「フジテレビの深夜番組にテレビの面白さがつまっていた」

津田大介氏(以下、津田): 今僕もずっとコメントとか観ていたんですけど、やっぱりなんか「それでもテレビがつまらなくなった」という意見が多い。そういう意味では、確かに僕も昔と比べるとテレビを観ている時間は減ったし、なんとなくやっぱり同じようなフォーマットの番組を観ても、昔のほうが面白かったなというのを感じるのも事実なんですよね。そういう意味でちょっと思い出深い番組というのが皆さん、たぶん「TV海賊チャンネル」から「11PM」から「ミッドナイトin六本木」から「ギルガメッシュないと」から・・・。

宇野常寛氏(以下、宇野): それ津田さんの青春時代じゃない(笑)

津田: いろいろ思い出深い番組があると思うのですが、ちょっとその思い出深い番組を語ったあと、テレビの未来の話をしていきたいと思います。

 一応僕から言うと、思い出深いテレビ番組はフジテレビの深夜番組ですね。僕が高校に入ったのが89年なので、ちょうどそのフジテレビの深夜番組がJOCX-TV2という枠でいろいろやっていた。本当にあの頃は、一番たぶん有名なのは「カノッサの屈辱」というのがありましたね。80年代のサブカルチャーを歴史に置き換えて解説するような番組。あとは僕がずっと面白いと思っていたのが、たぶん水曜の深夜にやっていた古館伊知郎さんの「TV PLUS PRESS」といって、その前週に起こったニュースの中から9項目を取り上げてクレーンで解説をしていって。ちょうど(古館氏が)フリーになってからそんなに時間が経っていなかったくらいで、プロレスの実況中継みたいな形でニュースを実況していくというので、抜群にあれが面白くて。

 僕はだから古館さんが「報道ステーション」をやるときに、たぶんあんな風に面白くやってくれるに違いないと思ったら、なんか全然違ってすごい残念な感じがあったんですけど。とにかくなんかそのあとも「アインシュタイン」とか。福原さんも「アインシュタイン」を・・・。

福原伸治氏(以下、福原): 僕は「アインシュタイン」をやっていたんですけど、ちょうど1時から「アインシュタイン」で、その前の12時半からが古館さんの「TV PLUS PRESS」。

津田: あの頃は本当にフジテレビ深夜の「JOCX-TV2」って実験番組というか、いろんな面白い番組みたいなものの実験場みたいな、テレビの面白さが一番つまっていたと思うんですけど。

福原: あの頃は、・・・また思い出話をするのが嫌なんですけど、「ゴールデンではやれないことをやろう」と。絶対これはゴールデンにいかないことをやるとか、ゴールデン、プライム(主要な番組が続く時間帯)をまったく無視して、とにかく変わったこと、新しいこと、面白いこと、それをやろうという風なことで。あのころの深夜番組、僕らもそうなんですけど、そのポリシーはあったんですよね。だから今の深夜はとにかくゴールデンとかプライムとかそういうところへいくための下積みというようなこと。それはそれですごく面白いと思うんですけど、でも僕らはそんなことを1ミリも思わずにやっていた。ああいう時代だったから許されたというのもあるんですけど。

1 2 3 4 5次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。