ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶え間なく襲ってくる吐き気と下痢。6ヶ月まで続いたつわりで、肌も爪もボロボロに

DATE:
  • ガジェット通信を≫

34歳で結婚、35歳で幸運にも自然妊娠した私。

喜びもつかの間、地獄のつわりがやってきました。

それは、妊娠が分かった1週間後、なんとなく始まりました。

気持ち悪い。

昨日はもちろん、妊娠判明からずっと飲んでないのに。。。

妊娠するまでは、仕事に遊び、夜のお酒が大好きで二日酔いもしばしば。

けど、過去最悪の二日酔いより苦しい。

吐いても吐いても楽にならない。

さらに下痢も加わって、トイレに駆け込んでも、便器に座ればいいのか顔を突っ込めばいいのか、体の置き方すら定まらない。

ありとあらゆる食べ物の匂いがおかしくて、全く受け付けない。

冷蔵庫を開けられず、食べ物を口にすることはおろか、テレビや雑誌の食べ物を見ても吐いてしまう。

そして、ついに水すら喉を通らなくなりました。

無味無臭のミネラルウォーターが匂う。

口に入れても飲み込めない!

驚くべきスピードで体重が落ち肌はボロボロ、脱水症状が出て、足の爪もスポーンと取れました。

ガリガリで生気の失せた高齢妊婦を、旦那も私の母親(信じられないことに母はつわりがほぼ無かった!)も心配しましたが、当事者にしかこの苦しみは分かりません。

夜中も絶え間なく襲ってくる吐き気と下痢に、長時間横になれず、

「楽になりたい、誰か私を殺して」

・・・何度もそう思いました。

なんとか動ける日は、病院で点滴を受けました。

入院も提案されましたが、病室のベッドで横になるのも苦しくて、家でもがいている方がまだマシと思い、家で耐えました。

そのうち、安定期を迎え、6か月頃から少しずつ生気が戻ってきました。

立っていることができ、水が飲めたんです。

すると、生きる気力がわいてきました。

こんなガリガリではあかん!

赤ちゃんを元気に育てないと!

それより何より、残り少ない妊婦生活を人並みに過ごしたい!!

食欲と活動意欲がむくむくと復活してきたのです。

少しずつ食べられるようになり、7か月ごろやっと人間らしい生活を取り戻しました。

そこからはもう、食べて食べて食べまくって、10キロ近く減った体重がほんのひと月で元通り。

毎日出歩き、ヨガやスイミングに汗を流し、めいいっぱいマタニティライフを満喫しました。

つわりが重いとお産は軽い、とお姑さんがよく慰めてくれたのですが、あんなに重かったつわりとは違って、ほんとにするっと産まれました。

担当の助産師さんは、出産後、初産だと知ったそうです…。

つわりはいつか終わると言いますが、当事者には本当に苦しい時間。

思い出すだけで吐き気がします。

妊娠する前は、お腹の赤ちゃんに殺されそうになることがあるなんて、想像もしなかったけど。

でも、わが子はとにかくかわいい!!またあのつわり、と思うと憂鬱ですが、もう一回、がんばろうかな。

著者:コッチャマン

年齢:38歳

子どもの年齢:1歳2カ月

妊娠中に旦那の転勤に伴い日本の西から東の田舎へ移住。縁もゆかりもない町でおもしろおかしく奮闘中。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

吐くものがなくなり、声がカサカサに…十月十日、出産の瞬間まで続いたつわり
保育園にトイレトレ…上の子1歳8ヶ月のせいで毎日が拷問!? 2人目妊婦のつわり事情 by うだひろえ
愛してるから言えない!つわり中一番きつかったのは、「夫の臭い」だなんて

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。