ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MacBook Airをより便利に!USB-Cマルチポートの「OLink」でモバイル端末を高速充電

DATE:
  • ガジェット通信を≫

従来タイプよりかなりスリムになった新MacBookを愛用している読者もいることだろう。

新MacBookの薄さの立役者がUSB-Cだが、このUSB-Cに対応する小型マルチポートを今回は紹介しよう。

スマホなどを高速充電できるUSB Type-Aポートや、高速データ転送ができるSDメモリーカードスロット・USB-C Power-In・HDMI 4Kを備えた「OLink」だ。

・USB Aポートが3つ

マルチポートそのものはすでにいくつも商品化されているが、OLinkの特徴としては、まず接続するiPhoneなどの端末を高速充電できることが挙げられる。

しかも、USB Type-Aポートは3つあり、MacBookがオフ状態でも充電できるとのこと。充電速度はMacBookがオンの時は1.5A出力、オフの時は1つが2.4A出力、残り2つが1A出力となる。

ポートが3つあるのでガジェット類を同時充電できるのも便利だろう。

・4K高画質出力も

また、HDMI 4Kポートを備え、モニターやテレビなどに4K高画質映像を出力できるのも売り。

SDメモリーカードスロットのデータ読み込み・書き出しの速度は最大312MB/秒となっている。

そして、OLinkは7.5×4×1.2センチと小型なのも嬉しい。これなら持ち歩くことが多いMacBookとセットにしても邪魔にならない。

OLinkは現在クラウドファンディングサイトKickstarterで出資を募っていて、今なら59ドルの出資で入手できる。新MacBookユーザーや購入を検討している人は要チェックだ。出資期限は来年1月25日。

OLink/Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP