体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いま一番熱い言語は何だ?プログラミング言語別☆年収データからトレンドを掴む

アメリカでの年収ランキング

アメリカでのエンジニアの平均年収は、約1000万円とかなりの高給です。

2014年11月に行われた調査によると、中でもRuby on Railsのエンジニアが最も年収が高く、年収が109,460ドル、日本円にすると1313万円という結果でした。

1000万円を超える年収の男性

続く、2位以下の言語別年収は以下のようなランキングになりました。

第2位Objective C: 年収108,225ドル(1298万円)
第3位Python: 年収100,717ドル(1208万円)
第4位Java: 年収94,908ドル(1138万円)
第5位C++: 年収93,502ドル(1122万円)

※ちなみにここでは1ドル120円で計算を行っています。
(参考出典:RANKED:The Highest-Paying Programming Languages

これが平均だなんて、なぜそんなに高額なんだ!と困惑する方も多いのではないのでしょうか?

対して日本でのエンジニアの年収って?

上記の調査と同様の調査(※注1)が日本でも行われているので比較してみましょう。

こちらは転職サイトの求人データから平均年収を計算しています。
心の準備はできていますか……?

言語別年収ランキング第1位はPython

おー、アメリカでは第2位だったPythonですが、日本企業でも人気の言語のようですね。そして気になる年収ですが、382万円!日本円にすると……382万円。

うん?第1位が……?と目を疑いたくなる気持ちも分かりますが、一旦その疑いの目はしまっておいて以下ランキングを一緒に確認しましょう。

第2位Ruby: 年収361万円
第3位Perl: 年収352万円
第4位Objective C: 年収348万円
第5位JavaScript: 年収348万円

第2位のRubyですが、アメリカではそれを用いたWebアプリケーションのRuby on Railsエンジニアが第1位であり、第4位のObjective Cはアメリカでは第4位、第5位のJavaScriptはアメリカでは第6位という結果に。

日米で必要とされている言語は同じような傾向にあるようですね。

(※注1)出典:Hlog「【プログラミング言語別!】求人給与額ランキング」2014.10.29

傾向は一緒でも気になる金額の差

しかしこれには理由があるのでご安心を。この調査では求人票に掲載されている年収のうち、最も低い値を取得しています。

例えば求人票によくある、年収は500万円~などと書いてある場合、500万円という値を取得しているため、実際の年収額より低く集計されていると思われます。

実際に年収データを取得してくればもう少し結果は高くなるのでしょうが(別の調査では平均年収は約600万円という結果も出ています)、それでもアメリカとの差は埋めることはできません。

単に金額のみで比較するのは正確ではありませんが、これではあまりに差がありますね。

1 2次のページ
CodeIQ MAGAZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy