ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

韓流四天王イ・ミンホ 母親が大好きで恋人に母の味を望む

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イ・ジョンソク(26才)、キム・ウビン(26才)、キム・スヒョン(27才)と並んで新韓流四天王と呼ばれるイ・ミンホ(28才)。

「多くの観光客が再び訪れたいと思う大韓民国のイメージが刻まれますように」

 11月6日、ソウル市内の歴史遺産「景福宮」で演説する朴槿恵大統領の隣に、イ・ミンホがいた。

 2018年の平昌五輪を控え、韓国の年間観光客数2000万人を目指す国家事業『2016-2018 韓国訪問の年』の宣言式の一コマだった。ミンホはこの事業の中でも特に重要な広報大使に任命された。いわば、韓国という国の“顔”に選ばれたというわけだ。

 モデル、俳優、歌手と3足のわらじを完璧にはきこなすミンホは、まさに国民的スター。ファンミ(ファンミーティング)を開けば、日本、韓国、中国、香港、マレーシア、シンガポールとアジア中からファンが殺到し、会場は多言語が飛び交う人種のるつぼ状態。ひとたびフェイスブックを更新すれば、100万人から「いいね!」がつく。

「ぼくが知っている俳優のなかで最も性格がいい。若いのに共演者、スタッフに常に気を配るその姿はすばらしかった」

 2014年の主演ドラマ『相続者たち』で共演したチェ・ジニョク(29才)からそう絶賛されたように、いつだって真摯で穏やかで、品行方正な韓流俳優のイメージを地で行く男。

 長年自身のファンだった女性が亡くなった時、ミンホはその女性とファンミで一緒に撮影した写真をツイッターにアップし、「あなたを覚えています。あなたにいただいた愛の分、人々に夢と希望、幸せを届けます」という追悼文を綴った。ミンホのあたたかさに世界中のファンが涙した。

 心優しい人柄に加えて、身長187cm股下110cmの超絶スタイル。顔はイケメン、歌えば美声…。性格、ビジュアルともに非の打ち所なし。

「中国では、ミンホにハマる余り、彼氏をミンホそっくりに整形したがる女性ファンが現れて、メディアで物議を醸したこともあります」(韓国のスポーツ紙記者)

 ファンの心を掴む理由は、他にもある。ミンホはいまだに実家に住んでいる。

「ソウル市内で、普通に両親と姉と同居しています。“仕事場以外では芸能人ではない”と言って、普通に学生時代の友達とも遊んでいます。それに、ミンホはとにかく母親が大好きなんです。母親の手料理を毎日食べないと生きていけないんだとか」(韓国芸能関係者)

 そんな彼が恋人に望むことは以下の2つ。

・料理を3食必ず作ってくれること

・母の味を受け継いでくれること

 王子様のマザコン素顔にファンの胸キュンは止まらないが、2015年春、ひとつの悲報が。大人気アイドル『missA』のスジ(21才)との熱愛が報じられたのだ。

「ロンドンでのデート模様を激写され、事務所も交際を認めました」(前出・韓国芸能関係者)

 9月に破局報道が出るも、双方の事務所が否定。そこは認めてよ…(泣)。

※女性セブン2016年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東方神起 スギちゃんのモノマネを披露し東京ドームは大爆笑
東方神起・チャンミン初めてのキス「上手だった」と女優暴露
イ・ミンホ 中国で8億人が見る番組に登場でギャラは言い値

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。