ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

埼玉高速鉄道 初の駅長は浦和美園駅・うさぎの「ラビたま」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ずっと地下を走っていた埼玉高速鉄道が明るい地上に出ると、まもなく終点の浦和美園駅に近づいた合図。埼玉スタジアムの最寄り駅であるこの駅に、かわいい駅長がやって来たのは、2015年6月のこと。

「浦和美園駅を愛される駅に!ということで、わたしが抜擢されました。ラビたま、という名前は“ラビット”と“さいたま”のミックスで、沿線の子供たちが付けてくれたのよ」

 彼女に白羽の矢が立ったのは、浦和には狛犬の代わりに狛ウサギが置かれている調神社があり、市民から親しまれていること、そしてなんといっても愛らしいことが最大の理由だ。

 平日は8~9時半までと16~17時半、土日祝日は9~11時と、15~17時の勤務時間は駅構内でお客さんたちを見守る、ラビたま駅長。それ以外の時間はというと…。

「駅長室で業務をいたしております。そもそも埼玉高速鉄道には駅長という制度がなく、わたしが初の駅長だし、初の駅長室なんですよ」

 かわいい駅長にメロメロなのは、駅の利用者だけではない。駅員たちも夜勤が苦にならなくなったと笑顔を見せる。社員手作りの“駅長服”をさっそうと着こなしたラビたま駅長は、埼玉スタジアムをホームにする浦和レッズのマスコット・レディア以上の人気を目指して、今日も業務にいそしんでいる。

【プロフィール】
名前:ラビたま ♀
年齢:1歳半
種類:イエウサギ
勤務先:埼玉高速鉄道
職種:浦和美園駅・駅長
主な仕事内容: 浦和美園駅を利用されるお客さまのお見送りとお出迎え。
お給料: ウサギフード。頑張った日は、ごほうびに大好物のウサギ用ドライフルーツ。
好きなこと: 耳と耳の間を撫で撫でしてもらうこと。
嫌いなこと:大きな音。
現在の悩み: ひとりぼっちで寂しいので、同僚か彼氏がいてくれたらなぁ…。
将来の夢:ラビたまグッズや、ラビたま電車ができたら嬉しい!

撮影■山口規子

※女性セブン2016年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
和歌山県貴志駅のスーパー駅長「たま2世」 夢は駅長サミット
福島で生まれた「耳のないウサギ」は埼玉で元気に生きていた
京都の道の駅 「スプリングスひよし」の名物はダムカレー

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP