ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

菊池桃子さん初の著書を出版 教育と芸能2つの柱の両立目指す

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 タレントの菊池桃子さんが12月17日、初めての著書となる『午後には陽のあたる場所』(扶桑社/刊)を出版した。この本では、生い立ちから芸能界入り、結婚と離婚、出産、法政大学大学院進学など、現在に至るまでの菊池さんの半生がつづられており、話題を呼んでいる。
 そして12月19日には、東京の福家書店新宿サブナード店で行われた発売記念イベントに登場。記者陣からの質問に答えた。

 自分に自信を持てない子どもだったと告白した菊池さんは、「自信がないからこそ努力しようと思ったし、芸能界に入って自信をつけることを覚えられました。また子どもたちが生まれ、彼らから教わったりしながら、社会を知ることができました」と振り返り、「今悩んでいる皆さんに、自分の想い方で人生の方向は変わっていくということ、一人の女性の実例を通して書かせていただきました」と初の自著について語った。
 また、大学院卒業後は客員教授として母校・戸板女子短期大学で教壇に立っている。「ゼミの仲間や先生たちから、後輩の用語の解説をしたり、先輩として教えてあげられることを教えているうちに『菊池さんは先生に向いている』と言われて」と周囲の後押しがあったことを明かし、「教育活動と芸能活動、2つの柱を頑張りたい。『菊池桃子モデル』みたいなものができて、参考にしていただけるように努力していきたい」と今後の抱負を述べた。

 「結婚したことも、離婚したことも自分にとって良かったこと」と笑顔で語った菊池さん。『午後には陽のあたる場所』には菊池さんの想いや、人生の考え方などがつまっている。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
「イオンモールで必ず知り合いに会う」 出版イベントで「地方あるある」が連発!
でんぱ組.incりさちー&ねむきゅんが料理イベントを開催
「新鮮な発見があった」 羽田圭介がオーディオブックの魅力について語る

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。