ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SNSで未だに話題の『ギョーザパンチラーメン』を今さらながら食べてみた!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

発売と同時にそのものすごさにSNSで話題の『スーパーカップ1.5倍 ギョーザパンチラーメン』。
9月から発売されているものだが、いまだに賛否両論でツイートされない日はない。
そんなギョーザパンチを今さらながらだが、初めて食べてみた。

スーパーカップ1.5倍なので、それなりにでかい。
具の袋が1つ、粉末スープが1つ、液体スープが1つ。合計3つの袋が入っていた。
だいたいこういう場合は、具と粉末を先に入れて、液体を後から入れるのがセオリーだが、これはちょっと違う。
スープ2袋は粉末を含めて後入れ指定。なんか変だ。

5分待っている間に、開発秘話を見てみよう。

大ヒットしたブタキムを超える商品を作りたい。」―――この思いから、2014年春に始まったのが今回の商品開発プロジェクトでした。
ターゲットである若者たちをやみつきにさせる味は何なのか、何度もアイデアを出し合い、議論を重ね候補は100以上にものぼりました。
数ある候補の中から選ばれたのは、なんと“ギョーザ”。現在では日本の国民食ともいえるギョーザは、ラーメンとも親和性が高く、今までになかった味としてインパクトを出せる!と思い、チャレンジすることに決定しました。
フレーバーの方向性が決まってからは、どのようにしてギョーザの味を表現するかに悪戦苦闘しました。ただギョーザのタレをスープで再現するのではなく、ギョーザを一口食べた瞬間の肉や野菜の味わい、旨みをも、一杯のラーメンで再現することに徹底的にこだわりました。試行錯誤の中、気付いたのはギョーザの中身とギョーザのタレがポイントになること。
一口食べれば誰もがギョーザを感じられる商品であるということを達成するため、半年間調味オイルの量や具材を調整しながら、研究を重ね、遂にスーパーカップ次世代の味わいである神(しん)メニュー“ギョーザパンチラーメン”の商品化が決まりました。

5分経過したのでスープ2袋を入れて、さっそく食べてみた。
味は普通に美味しい。が、においがうわさ通りすごい。
メーカーの言う通り、スープが決め手となるのはわかる。ギョーザは酢しょう油とラー油で食べるのが普通だと思うが、スープはギョーザのタレそのものをラーメン用にしたような感じ。しかし、酸味はすぐには来ず、後味として残るのが心地いい。ラー油のような成分はそんなに辛くはないが、具に割と大きな唐辛子が入っているので辛さはここで補う。
ラーメンを食べているというよりも、ギョーザの中身をタレのスープで食べているような感じ。

クセになると言えばなる、とんでもないと言えばとんでもない。不思議なラーメンであることは間違いない。
発売からだいぶ経過したが、いまだに怖くて食べることができないと思っている方も、安心して食べてみてほしい。
寒い時期なので、パンチの効いたラーメンで体を温めてみてはいかがだろうか。

※写真はすべて記者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: 古川 智規) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP