ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【書評】子どもの食物アレルギーが増加中 / 悩めるママたちが支持するおやつレシピとは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

食物アレルギーを持つ子どもが増えてきています。文部科学省の調査によると、2013年8月の時点で食物アレルギーを持つ子どもは45万人を突破(公立の小中高合計)。

・子どもの食物アレルギーは9年で1.7倍に
さらに、2004年に行われた同調査と比較すると、アレルギーを持つ子どもの割合が約1.7倍になっていることもわかりました。育児をがんばりながら、アレルギーにも頭を悩ませるママが増えているということでもあります。

・卵や乳製品なしでもおやつはつくれる
そんななか出版されたのが、人気オーガニック教室を手がける菅野のなさんの著書『子どもと食べたい時短おやつ』(タツミムック)。小さい子どもの食物アレルギーの大半を占める、卵・乳製品を使用しないおやつのみを集めたレシピ本です。

生徒数は延べ1,000名を超えるという菅野さんに、アレルギーに悩むママたちの声と、その対策を聞いてみました。

・悩みすぎて落ち込んでしまうママも
「9年間料理教室を運営していますが、アレルギーに悩むママは確かに増えている印象ですね。これまで仕事ばかりをしてきたママのなかには、『料理をしたこともないのに、アレルギーも考えないといけないなんて』と落ち込んでしまう方もいらっしゃいます」(菅野さん)

・アレルギーは成長で治るケースも多い
でも、菅野さんは落ち込む必要はないと言います。卵・乳製品は代用できる食材がありますし、アレルギーも成長にしたがって治るケースが多い。簡単に短時間で卵・乳製品を使わないおやつや料理がつくれることを知って、みなさん安心されるそうです。

・食事や生活を見直すきっかけにもなる
「お子さんのアレルギーについて真剣に悩み、教室で学んで実践して、笑顔に変わっていったママたちをたくさん見てきて、気づいたことがあります。アレルギーは大変なことだけど、お子さんにとってもママにとっても、食事や生活を見直すきっかけになるということです。子どもと一緒につくれるおやつづくりは、特に効果的ではと思います」(菅野さん)

・教室一番人気はバナナケーキ
筆者もさっそく教室で一番人気というバナナケーキをつくってみましたが、オーブンで焼くまでに本当に10分かからずビックリ。自分で甘味を調整できるので(バナナの甘味だけでつくる生徒さんも多いとか)、ダイエット中の女性にも良さそうです。アレルギーの子どもを持つママはもちろん、おやつづくりが気になっている方は、本書をチェックしてみては。

https://youtu.be/0pSzjHQy5lE

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/12/20/shorter-working-hours-snack/

Via: 子どもと食べたい時短おやつ

執筆: 武藤徉子
ライター・編集者。自由大学「伝わる文章学」オブザーバー。健康雑誌、ビジネス誌、週刊誌、マネー誌など数多くの媒体で執筆。モットーは難解なコンテンツをわかりやすく伝えること。

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP