ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヘアーカラーの色が抜けやすい方は見て下さい。色落ちを防ぐコツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「染めたのに色がすぐ抜けちゃう」現象には原因がある!

カラーリングした後にすぐ色が抜けることってありませんか?
もしくはアッシュ系に染めたのに、すぐ赤くなったりしませんか?
「自分の髪質はすぐ色抜けや赤くなるから諦めているんです」…なんてお客様の声を聞くことがあります。
確かに髪質や髪のダメージ状態はあるかとは思います。
前回コラムでお話した考えられる3つの原因はこちらです。
①髪のメカニズム
②美容室で使用しているカラー剤
③自宅でのシャンプーのコツ
今回は、②と③についてお話させていただきます。

 

カラー剤によって色抜けのスピードが変わる?!

「美容室で使用しているカラー剤」によって、実は色抜けのスピードが違います。
アッシュ系の色味もメーカーによってかなり違いがあります。色味が濃いメーカーもあれば、薄いメーカーもあります。これは美容室選びの一つともなるでしょう!
ここでのアドバイスは「実際に行ってみないとわからないのです(笑)」。
担当美容師さんがどのカラー剤メーカーを選択しているかにもよります。
暗くしたのにすぐ色抜けして明るくなる場合などありませんか?
カラー剤メーカーによってかなり違いがあるんですよ!
検証をするとそれぞれのメーカーの長所と短所があるんです。
詳しくは事情により書くことはできませんが、サロンのホームページやブログなどで、使っているヘアケア商品などでメーカーはある程度分かりますね。こればっかりはサロンに行ってみるしかないのです! ですから、髪質や髪の状態だけが原因ではない場合がありますからね。

 

お家でできる!カラーリング後のシャンプーのコツ

「自宅でのシャンプーのコツ」なんですが、カラー剤の色味によって色素の粒の大きさが違います。特にアッシュ系は粒が小さく、赤系は粒が大きめです。この粒とはあくまでも例えですが、粒が小さいと毛髪から抜けやすいんです。ですから、赤系のカラー剤の方が髪に残りやすいんです。
すなわち、色抜けがし辛いということです。アッシュ系が一番色抜けしやすいということです。美容室でカラーをした後は、カラー剤自体がまだきちんと定着していません。自宅に帰ってからシャンプーする場合、できれば初めの1日くらいは湯洗いだけの方がいいでしょう!
そして、濡らしたらしっかり乾かしてください。シャンプーは低分子界面活性剤ですので、髪の奥まで入り、染料を取ってしまいます。さらに濡れているとキューティクルが開きやすいので、色抜けの原因になります。
一番はシャンプーの界面活性剤の種類です。ラウレス系の高級アルコール系シャンプー(市販商品)は洗浄力が強いので、色抜けが早いです。
アミノ酸系シャンプー(ココイルグルタミン酸など)は少し高価ですが、比較的マイルドな洗いあがりですので色抜け防止にはいいでしょう!
自分の髪質が原因で諦めていた方も多いかと思いますが、実はカラー剤の種類やシャンプーの種類によって結果は変わるのです。

後藤孝一(ハイヤマカシ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP