ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

片山右京率いる国内最強自転車チーム 世界への挑戦【前編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「僕はいつも、大言壮語から始めて一番高い目標を目指していく。F1のときもそうでした。主戦場は世界なんだから、その世界ナンバー1に向かって走って行こうよ、と」──F1ドライバーとして6シーズン、世界を相手に戦ってきた片山右京(52)はいま、自転車のロードレースに全霊を傾けている。

 監督として率いる「チーム右京」は国内の「Jプロツアー」で圧倒的な強さを見せ、今年は団体総合優勝を果たした。個人でもエースの畑中勇介が優勝、団体&個人の二冠に輝いている。

 目指すは、世界最高峰の「ツール・ド・フランス」。22チームが7月の23日間フランス国内を走り抜ける過酷なレースだ。190か国以上でテレビ放映され、視聴者は35億人にのぼる。期間中、沿道には1500万人もの観客が押しかけるビッグ・イベントだ。

 もちろん「ツール」に名乗りをあげることは容易でない。海外公認レースでの勝利、チーム経営の健全性などいくつもの条件をクリアしなければならないのだ。100年以上続くこの大会に、日本のチームが出場したことは一度としてない。ゆえに、右京の掲げた目標は、ときに酔狂だと揶揄される。

 右京が「チーム右京」を立ち上げたのは2011年。国内外のロードレーサー10数名に声をかけ、結成した。右京自身は、本格的に登山に取り組み始めたのと同じ頃から自転車に乗り出している。

「エベレストをはじめ、8000m級の山に無酸素で挑みたくて、心肺機能を高めるために始めたんです。いま、F1など多くの競技のアスリートが自転車を使って有酸素系トレーニングをしています。関節や腰に負担をかけずに、心臓と肺だけを鍛えられる。最初は鍛えるための手段だったのに、乗るたびに自転車の奥深さに気づかされ、さらに最高のチームスポーツであると理解してからは、完全にハマってしまったんです」

 以来、右京は、登山と並行してロードレースにも参加し始め、2010年には「もてぎサイクルモードエコクラシック」の3時間エンデューロで優勝するなど、自転車の世界でも戦績を残していく。

 一方、ロードレース界に身を置いてみると、選手たちの置かれている環境が不安定だということもわかってくる。自らチーム運営に乗り出したのは、そんな場所に新風を吹き込みたいという思いもあったからだ。

◆あの事故から始まった「愛と懺悔」の日々

 片山右京が本格的に自動車レースを始めたのは、1983年のことだ。その後、フランスでの武者修行などを経て、1992年にF1デビュー。1997年にF1を退いてからは、「スーパーGT」の監督を務めながら、子供の頃から親しんできた登山にも本格的に挑戦し始める。01年には、ヒマラヤ山脈のチョオーユー(8201m)の無酸素登山に成功。以来、エベレストに挑み、マナスル(8163m)にも登頂した。

 しかし、登山家としての顔が定着し始めた2009年12月、悲劇は起きる。南極にあるヴィンソン・マシフ(4892m)遠征の訓練のため登った冬の富士山で遭難し、自身の会社の社員2人を失ってしまうのだ。1人は、長きにわたって右京を支えてきた盟友でもあった。

「マナスルで雪崩にあって、一緒に抱き合って、長い朝を待ったりした友達だった。すべてを一緒にやってきた僕の仕事の相棒でもありました」

 ひとり下山した右京を待っていたのは、世間からの冷ややかな目だった。心ない言葉に右京は傷ついた。誰よりも辛いのは、友を失った右京本人だったのに。

「自宅で絨毯に顔を押しつけて泣いて、ほとんど一歩も家から出られなくなった。電車で酔っ払いから『人殺し、人前に出てくるな』といわれたこともありました。ノイローゼになり、うつにもなったけど、一方で、段ボール箱いっぱいの手紙と何万通ものメールが届いた。頑張れといってくれる人もたくさんいたんです。片山右京が片山右京でいられるのは、応援してくれる人と友への愛と懺悔の日々があるからなんです」

 事故から6年たったいま、右京はこう思っている。

「道は後ろにはない。どんなことがあっても、前に進むしかない。どんなに辛いことがあったって、受け入れて、前に建設的に向かって行くしかないんです。友との約束でもあるから、僕はもう一回ちゃんとヴィンソン・マシフに挑戦したい。それは自分勝手な禊ぎ事なのかもしれませんが」

 いま右京が願うのは、その禊ぎのためにも、まずは自転車の世界で結果を残すことだ。ツール・ド・フランス出場という目標に到達したのち、再び本格的に8000m級への無酸素登山挑戦を始めるつもりだ。それが亡くした友への右京の答えでもある。

 道は遠いが自信はある。(【後編】に続く)

◆かたやま・うきょう/1963年生まれ。神奈川県相模原市出身。1992年から日本人3人目のレギュラードライバーとしてF1参戦。F1引退後は、ル・マン24時間レース、ダカールラリーなどでも活躍した。現在は自転車ロードレースとモータースポーツに参戦する「チーム右京」を率いている

撮影■中村博之 取材・文■一志治夫

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
片山右京率いる国内最強自転車チーム 世界への挑戦【後編】
簡単に盗まれぬ石の自転車を発明するも200kgの重量でこげず
コンビニでも購入可能な自転車保険 手軽さ受け売れ行き好調

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP