ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

佳子さま ICU入学以来学業多忙な日々で公務が減少気味に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 秋篠宮妃紀子さまがおひとりで到着されたことに、皇室ファンは違和感を覚えていた。12月12日、東京・秋葉原で開催された聴覚障害者向けのイベント『情報アクセシビリティ・フォーラム2015』。当初、紀子さまと佳子さまがお出ましになる予定だったが、午前9時20分に到着された紀子さまの隣に佳子さまのお姿はなかった。

「最近お出ましの機会が減っていらっしゃる佳子さまのお姿を拝見できる、と思って待っていたんですが…。急にご体調でも崩されたのではないかと、心配になってしまいました」(皇室ファン)

 佳子さまが姿を見せられたのは、それからおよそ20分後のことだった。

「こういったお出ましにはご一緒にいらっしゃるのが通常で、別々に到着されるのはかなり珍しいことです。そういえば、佳子さまのヘアスタイルは心なしか、いつもより毛先のカールが甘めで、目の周囲も少し腫れぼったい感じでしたね。

 ICU(国際基督教大学)へのご入学以降、学業に多忙な日々を過ごされている佳子さまですが、もしかしたら前夜も遅くまで教科書と格闘されていたのかもしれません。皇族方が暮らす赤坂御用地で、今いちばん遅くまで明かりが灯っているのは佳子さまの部屋だといわれているくらいですから」(皇室記者)

 その後、紀子さまとともに式典に臨席された佳子さまは、手話言語に関する展示などをご覧になり、ご一緒に帰路につかれた。同じ日の午後、今月2日から中米のエルサルバドルとホンジュラスを公式訪問されていた眞子さまが帰国された。

「深いブルーのスーツに身を包まれた眞子さまは、長旅のお疲れも見せずに堂々と報道陣の前にお出ましになりました。眞子さまは現地の大学や博物館をはじめ、古代マヤ文明の遺跡などを視察されました。治安面などに不安がある中でしたが、初の海外単独訪問をつつがなく全うされました」(前出・皇室記者)

 成年皇族としての務めをしっかりと果たされ、皇室の未来を担う存在の眞子さまと佳子さまに、国民の関心も多く寄せられている。

「子供たちの公的な活動の報道が、その分野の大事な事柄に対して理解を深めていただく機会になればと思っております」

 11月30日に50才を迎えられた秋篠宮さまのお誕生日会見で、紀子さまはそうお話しになっていた。

「秋篠宮ご一家には、公務を担うことのできる成年皇族が4人いらっしゃいます。ご姉妹に限らず、ご夫妻もこの10月にブラジルを訪問されるなど積極的に公務に取り組まれていますし、両陛下も頼りにされているご様子です」(宮内庁関係者)

 長男の悠仁さまもご立派に成長されている。12月10日から始まった宮内庁職員組合文化祭美術展に、悠仁さまはほぼ実物大の信号機の模型を出品された。発泡スチロールやビニールパイプを材料に2015年春から制作に取りかかられ、赤や黄、青や矢印も点灯する力作だ。

「現在、お茶の水女子大附属小学校の3年生ですが、最近は持ち前の集中力を生かされ、お勉強にもしっかりと取り組まれています。回文を20個つくるという国語の宿題にも一生懸命取り組まれたそうです。また、虫取りが大好きな悠仁さまは、休み時間になると校庭の隅の草むらでお友達と虫を探されています」(お茶の水関係者)

※女性セブン2015年1月1日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
佳子さまの服装問題 父・秋篠宮さまは理解示し口に出されず
佳子さまの公務 今後は都内の音楽・美術鑑賞など芸術部門か
秋篠宮ご夫妻 佳子さまの服装や教育方針巡ってすきま風も?

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP