ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

箱根で優勝狙う東洋大 「エース服部勇馬5区起用」説の根拠

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 前大会は青山学院大学が初優勝を飾った箱根駅伝だが、雪辱を期すライバル校はどんな作戦を立てているのか。どこよりもディープな情報を収集するウェブメディア「駅伝ニュース」の主宰者・西本武司氏(通称・公園橋博士)が、前々大会の優勝校・東洋大学の作戦について分析する。(文中敬称略)

 * * *
 12月10日にエントリーメンバー16人が発表され、各校は最終調整に入った。強豪校の内情を推し量る情報も限られてくる。だからこそ、小さく断片的でも公開された最新情報から想像を巡らせる楽しみが出てくる。

 前号で、11月29日に埼玉県川越市で行なわれた小江戸川越ハーフマラソンに東洋大の服部勇馬、櫻岡駿(3年)、堀龍彦(2年)ら主力を含む6人が出場していたことをお伝えした。その現場に足を運んだ(「駅伝ニュース」を一緒に運営する)「マニアさん」から、1枚の写真を見せられた(画像参照)。

 東洋大の6人が横2列の隊列を組んでいる。何か違和感を覚えないだろうか。6人のうち5人はお揃いのランニングシャツ。一方、前列中央にいる主将でエースの服部勇馬だけが袖のあるTシャツにアームウォーマーを着用している。

 この服装は──。そう、前回箱根5区で驚異的な記録を叩き出した時の青学大・神野と同じ、山登り仕様である。ランナーは服にこだわる。着慣れないウェアで肌が擦れたりすれば集中力を削がれるからだ。

 つまり、これは山登りの服装を実際に走ってチェックしているのではないか? 「東洋大の酒井俊幸・監督は、不動のエース服部勇馬を5区に起用するつもりでは」という想像が膨らみ出す。この日、東洋大の6人は1km3分15秒のペース設定を守って走りきった。平地のハーフのタイムとしてはややスローだが、これはちょうど箱根の急勾配を上るペースと符合する。

 服部勇馬は2年連続で2区を走っているが、かつて駒澤大の大八木監督からこう聞かされたことがある。

「2区を走れる選手は5区も走れる。2区は平地のスピードに加え権太坂の長いアップダウンがあり難しいが、5区にスピードはいらない。現役時代に2区も5区も区間賞を獲った私がいうのだから間違いない」

 そして東洋大・酒井監督には2区から5区への配置換えの成功体験がある。2014年、それまでエースとして2区を走ってきた設楽啓太(現コニカミノルタ)を最終学年で5区に配した。設楽は区間賞、同年東洋大は総合優勝を果たしている。

 2区から5区へのコンバートはエリートランナーが通った道だ。初代「山の神」として3年間5区を走った今井正人(順大卒、トヨタ自動車九州)も1年時は2区を走り、青学大の神野も2年で2区を好走した実績を買われての5区だった。

 原監督が前回、神野の5区への配置換えを選択できたのは、2区の後任となる一色の成長が大きかった。今年の東洋大を見ると、前回の青学大と同じく2区を任せられるもう一人のエースが出てきた。それが勇馬の弟・服部弾馬(3年)だ。

 これはもちろん仮説だ。しかし、そうやって想像、いや妄想を巡らせるからこそ箱根はどんどん楽しくなり、本番まで興奮で眠れない夜が続くことになる。

【プロフィール】西本武司(にしもとたけし):1971年福岡県生まれ。メタボ対策のランニング中に近所を走る箱根ランナーに衝撃を受け、箱根駅伝にハマってしまう。一年中いろんなレースを観戦するうちに、同じような箱根中毒の人々とウェブメディア「EKIDEN News」を立ち上げる。本業はコンテンツプロデューサー。

※週刊ポスト2015年12月25日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
東洋大学・服部兄弟の父「兄は努力家で真面目。弟は天才肌」
箱根駅伝の新勢力・東洋、青学、上武などから駅伝を語った本
駅伝 東洋大・柏原を他大監督「怪物。大学生のレベル超越」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP