ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「甘えベタな女子」が増えている? 内山信二も「口説かれ上手な女性が減ったな」と嘆息

DATE:
  • ガジェット通信を≫
「甘えベタな女子」が増えている? 内山信二も「口説かれ上手な女性が減ったな」と嘆息

甘えたいのに、甘えられない――。近頃、そんな女性が増えてきているようだ。12月11日の「5時に夢中!」(TOKYO MX)で取り上げられた記事では、「好きな人に素直に甘えられますか?」というアンケートを紹介していた。

その結果、半数近くの女性が「甘えられない」と答えたことが分かったという。理由としては「恥ずかしくてムリ」(25%)、「そんなキャラじゃない」(21%)というものが多かった。いかにもイマドキの日本という感じだ。(文:みゆくらけん)
背景にあるのは「女性の社会進出」か?

記事によると、このような結果となった背景のひとつには、女性の社会進出があげられているという(今さらながらではあるが)。甘えることで社会的評価が低くなることを恐れ、無意識に男性と張り合ってしまう女性。仕事だけではなく、恋愛の場面でもついつい「甘え封印」を自分に課してしまうようだ。

これに対し、めっきりオッサン臭が増したゲストコメンテーターの内山信二は「最近の女性って、なかなか甘えてくれないじゃないですか」と甘えベタ女性の増加を実感している様子だ。自分は甘えるより「甘えられたい派」とし、腕を組みつつしみじみとこう呟いた。

「口説かれ上手な女性が減ったな、と。昔の女性って何やかんや言ってね、ワザと隙を作ってくれてたような気がするんですよ」

口説かれ上手が減ったとは、まるで石田純一が言いそうな名言のようである。そして次に続いた「最近の女性は全然隙を出してくれないから、まぁ口説けないですわ!」という発言が、もの凄くオッサン的だ。オッサン過ぎる。

さらに内山は、食事に行っても割り勘でいいという女性が増えたとし、そのような時代になった今は、女性を口説くためには「とにかく安心感で攻めるしかない」という。

「大丈夫大丈夫! 行こう行こう!」と下から誘い、次のステップでは女性に理由やこじつけを与えるため、「めったに手に入らないコーヒーがある」などと言って家に誘うのだとか。涙ぐましい努力だが、司会のふかわりょうからは「最低なオヤジ」、中尾ミエからは「なんかこの人、子どもから突然オヤジになっちゃった」と言われていた。
74.8%の男性が「女性に甘えられたい」と回答

ともかく、内山のように「女性にもっと甘えて欲しいのに甘えてくれない」と寂しさを感じている男性が多いのは確かなようだ。あるアンケートでは「恋愛で彼女に甘えられるのと甘えるの、どちらが好きですか?」という問いに、74.8%の男性が「甘えられたい」と答えている。

女性に甘えられたい理由は「男として本能的にうれしい」「自分の存在価値を実感するから」というものが多い。

一方、甘えベタな女性としては「甘えることで迷惑がられるのが怖い」という気持ちもあるのかもしれない。しかし恋愛心理学の世界でも、「甘えたり頼ったりしてくる人に好意を持ちやすい」とは、よく言われている話だ。

多少の迷惑なら、かけたほうが良いという強気の意見もある。「奢ってもらう」「送ってもらう」「教えてもらう」「助けてもらう」ことで、男性に花を持たせるということだ。

そしてその結果、「俺がいないとダメだな」とか「しょうがないな、かわいいな」などと勝手に感じ、「男である自分」の存在意義を実感する。「頼れる俺」に仕立て上げてくれる女性への評価は、プラスの方向に上がるのだ。
とりあえず高いところにあるものを取ってもらえば?

だから、「いい子ちゃん」になり過ぎる甘えベタ女子は、はっきり言って相当損をしている。断言しよう、絶対に、損をしている。試しに明日にでも、男性上司に何かを相談したり、教えてもらったりしてみたらどうか。そのハードルが高すぎるなら、高いところにあるものを取ってもらうとか、固くて開けられないものを開けてもらうとかはどうだろう。

頼られたその男性上司は決して嫌な顔はせず、むしろ喜んでやってくれるだろう。しかし、「甘え」のサジ加減も重要だ。夜中、寝ている彼氏に「生理ナプキン買ってきて」とかヘヴィなものはオススメしない。

あわせてよみたい:高収入の女性はなぜ結婚しないのか?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。