ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【完全保存版】本当においしいベルリンのカリーヴルスト 5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ドイツの首都ベルリン。ベルリンの壁や博物館島で有名なこの町には、もう一つ忘れてはならないベルリン名物があります。それがカリー・ヴルスト。

カリー・ヴルストとは、焼いたソーセージの上にケチャップとカレー粉をまぶした料理。シンプルでありながら、カレー粉のあとひく味わいがたまらない、ドイツが誇る人気のB級グルメの1つです。

ベルリンに星の数ほどあるカリー・ヴルスト専門店をいろいろと食べ歩いた結果、GOTRIP!編集部がオススメしたいお店を厳選して5つご紹介します。

・カリーヴルスト博物館
カリー・ヴルスト好きなら1度は必ず訪れたいお店、それがカリーヴルスト博物館です。展示内容も素晴らしいのですが、「カリーヴルスト博物館」に併設されているカリーヴルスト屋のカリーヴルストは博物館の名に違わぬウマさです。こちらのカリーヴルストの味わいの特徴はケチャップにあります。マクドナルドのチキンナゲットに添えられているバーベキューソースのような味わいのケチャップと、香り高いカレーパウダーの味わいは、他のお店とは異なる味わいです。

詳細:http://gotrip.jp/2015/05/18202/

・Curry36
ベルリンのクチコミサイトでナンバー1の栄冠に輝くカリー・ヴルストのお店がこちらのCurry36。ツォー駅(ZOO)とメーリンダム駅(Mehringdamm)の2つの場所がありますが、オススメなのはやはり本店のメーリンダム駅店。ベルリンで最も愛されていると言われるカリーヴルストの味は、やはり現地で試す価値アリです。

詳細:http://gotrip.jp/2015/12/24878/

・コノプケ(Konnopke’s Imbiß)
Curry36と人気を二分すると言われているカリー・ヴルストのお店がこちらのコノプケ(Konnopke’s Imbiß)。こちらのお店の特徴は、ソーセージの仕上げ具合。外はカリカリ、中はふんわりとしている、日本で言えば、銀ダコのたこ焼きのような仕上がり具合のソーセージがたまりません。高架下の立食い感はこの店だけでしか味わえない雰囲気なので、ベルリン滞在中に時間があれば是非試して頂きたいお店です。

詳細:http://gotrip.jp/2015/04/17700/

・アオフシュトゥルツ(Aufsturz)
こちらのお店は専門店ではなく居酒屋。しかも100種類以上のビールを楽しめるベルリンの居酒屋です。そのため、カリー・ヴルストだけでなく、一緒に美味しいビールも楽しめることが非常に嬉しいお店です。もちろんカリー・ヴルストの味も他店にひけを取りません。こちらのお店のカリー・ヴルストのポイントはケチャップ。ざく切りのトマト感たっぷりのケチャップとカレーパウダーは絶妙の相性。そこに美味しいビールを合わせると……そんな組み合わせを是非現地で楽しんでみてください。

詳細:http://gotrip.jp/2015/11/23814/

・テオドール・トゥーハー(Theodor Tucher)
カリー・ヴルストという料理の完成度が非常に高いのがこちらのお店。こちらのお店のそれはB級グルメではなく、もはや1つの料理として完成されています。あのクリントン大統領も訪れて味わったというこちらのカリー・ヴルスト。単なるB級グルメの枠を超越した、料理としてのカリー・ヴルストを体験したいなら、こちらがオススメです。

詳細:http://gotrip.jp/2015/04/17702/

番外編
・エア・ベルリンの機内食
機内食にも関わらず、アツアツの状態で提供されるエア・ベルリンのカリー・ヴルスト。ケチャップもトマト感たっぷりで味わい深く、カレースパイスが別添えとなっているため、スパイスの量を調整して、自分の好みのカリー・ヴルストを味わうことができます。一般的なものよりも、よりクミンが効いているため、さわやかなスパイシーさが口いっぱいに広がる味わいです。

詳細:http://gotrip.jp/2015/03/17662/

いかがでしたでしょうか?

ベルリン名物の1つ、カリー・ヴルストを味わう旅、そんな旅をしてみるのも楽しいかもしれません。

Post: GoTrip! http://gotrip.jp/ 旅に行きたくなるメディア

▼カリーヴルスト博物館のカリー・ヴルスト

▼Curry36のカリー・ヴルスト

▼コノプケ(Konnopke’s Imbiß)のカリー・ヴルスト

▼アオフシュトゥルツ(Aufsturz)のカリー・ヴルスト

▼テオドール・トゥーハー(Theodor Tucher)のカリー・ヴルスト

▼【番外編】エア・ベルリンの機内食のカリー・ヴルスト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
GOTRIP!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP