ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

満点をとった旅館はどこだ!?癒しのお風呂部門「じゃらん泊まってよかった宿大賞2015」【東北】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

東北にはいくつも有名な温泉、お宿があります。そんな中からじゃらんの「泊まってよかった宿大賞2015」東北編で癒やしのお風呂部門上位にランクインした、3つのお宿をご紹介します。

素晴らしい景色、おいしい食事、隠れた温泉宿など、どの宿にも違った個性が光ります。リーズナブルな価格も魅力の一つですから、東北旅行を考えている方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

1.野地温泉ホテル

高地に湧く白濁湯を多彩に楽しむことができるお宿。

乳白色の湯をたたえる露天風呂「鬼面の湯」

とろとろとミルキーな湯が湧く、こちらの温泉はなんと標高1200mという高地にあります。さらにこの自慢の湯を、露天風呂や総檜風呂、また内湯とつながった半露天風呂などの合計6種類もの浴槽で楽しめるのが魅力です。

温泉ファンからも「たまらない」との口コミが多数あるほどの人気の温泉&お宿。くれぐれも湯あたりにはご注意ください。この宿で最も古い「千寿の湯」は総檜の内風呂

山側のお部屋からは手つかずの大自然が望める

野地温泉ホテル

TEL/0242-64-3031

場所/福島県福島市土湯温泉町野地1

料金/1泊2食8640円~

アクセス/東北道福島西ICより40分

「野地温泉ホテル」の詳細はこちら

2.駒ヶ岳温泉

温泉マニアを虜にする泉質の高さが魅力のお宿。

緑に囲まれた露天風呂からは八甲田山が

秋田県駒ヶ岳温泉は、硫黄の香りがするにごり湯は、その肌触りも含めて「浸かり応えのある」泉質が魅力のお宿です。露天風呂付きの大浴場や、渓流に面した貸切露天風呂など、趣き豊かな浴槽も◎。

また、山の芋鍋やイワナの刺身、地粉で打った十割そばなどの食も、「山ならではの味を満喫した」と口コミが多数寄せられています。この質の高さに対して宿泊料が良心的なことも嬉しいですね。開湯より古くから親しまれている八甲田温泉元

地下深くから汲み上げる龍神の湯は64.5℃と4湯の中で最も温度が高い

料理には地元の旬がたっぷり

駒ヶ岳温泉

TEL/0187-46-2688

場所/秋田県仙北市田沢湖生保内字下高野80-68

料金/1泊2食8333円~

アクセス/東北道盛岡ICよりR46を秋田方面へ50分

「駒ヶ岳温泉」の詳細はこちら

3.秘湯 八甲田温泉

タイプの異なる4つの湯が1カ所で楽しめる、贅沢なお宿。

自然に囲まれた露天風呂は爽快感満点

青森県青森市にある秘湯、八甲田温泉。大自然の中に建つ湯宿に湧くのは、泉質の異なる4つの湯です。

炭酸を含む「らむねの湯」、乳白色の「みるくの湯」、湯の花漂う「八甲田温泉元湯」、地中深くから汲み上げる「龍神の湯」といずれも個性が豊かな温泉ばかり。特に炭酸泉は、東北では希少とされていて、これを目当てにする人も多いんだそうですよ。

檜の香り芳しい男性内湯

川沿いの露天でせせらぎの音に癒やされる

「山の芋鍋」をはじめ、夕食メニューは里山の味覚たっぷり

秘湯 八甲田温泉

TEL/017-738-8288

場所/青森県青森市駒込字深沢766-2

料金/1泊2食7650円~

アクセス/青森道青森中央ICより35分

「秘湯 八甲田温泉」の詳細はこちら

まとめ

以上、「泊まってよかったお宿ランキング」東北編の癒やしのお風呂部門でした。

いかがでしょうか。いずれも個性的でそれぞれに違った魅力のあるお宿です。足を運んでみてはいかがでしょうか?

※この記事は2015年12月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

仙台の穴場デートプラン!最後は光のページェントでうっとり
和カフェめぐり&リゾートホテルで牡蠣食べ放題!お手軽牡蠣ランチも!【兵庫・たつの】
絶品カニづくしで幸せに!「美味探究の宿 住吉屋」で味わう蟹フルコース

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP