体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

酒好き旅人に告ぐ。ナイトライフを堪能したければ、タイ随一の繁華街「バングラ通り」に行け

常夏のリゾート地プーケットの魅力といえば、キレイで透き通る海・おいしいタイフード・魅力的なアジアン雑貨など、たくさんありますよね。

そんなプーケットですが、今回は数多ある魅力の中から、学生や20代の方にオススメしたいプーケットのパトン地区にあるタイ随一の歓楽街「バングラ通り」についてご紹介したいと思います。

 

どこにあるの?

バングラ通りは、プーケット空港からタクシーで約1時間。旅行者が多く集まる、パトンビーチ近くに位置します。

パトンビーチ周辺はレストラン、ホテル、お土産ショップ、レンタルバイクショップ等なんでもそろうので、ホテルはパトンビーチ沿いだとどこにでも行きやすく便利です。

 

どんなところ?

お酒好き・夜遊び好きにはたまらないバングラ通り。ありとあらゆるお店が立ち並んでいます。

クラブやディスコ、バー、ライブハウスがメインでそこら中で盛り上がっていますが、それ以外にも路上パフォーマンスや3D映像体験したり、屋台でおいしいタイフードを食べたりと、遊びどころがいっぱいです。

bangla3

photo by koichi

この写真はビーチ側から撮ったもの。通りにこのようなネオンの看板があります。

バングラ通りはプーケット一の歓楽街なので地元の人や旅行者にどこか聞いたらすぐに場所を教えてくれるでしょう。

bangla2

photo by koichi

こちらは反対側からの写真。夜は完全に歩行者専用道路になります。

道路幅全体に観光客、お店のスタッフ、パフォーマンサーで埋め尽くされます。20時頃に行っても全然盛り上がっていないので、21時〜22時すぎから飲みに行くのがオススメです。

 

多種多様な人が大集結

クラブの客引きからバーの店員さん、ハイテンションなレディーボーイ、パフォーマンサー、ライブの演奏者、等々いろんな人たちで盛り上がっています。

レディーボーイ

bangla4

photo by koichi

バングラ通りの真ん中にはキレイな格好をしたレディーボーイがたくさんいます。いわゆるオカマちゃんですね。

「写真撮影しましょ〜」と笑顔で近づいて来て、撮影後は男まさりにチップを要求してくるので、チップの用意を。チップを払いたくない人は遠目でパッと撮ってしまいましょう。

 

ダンサー

bangla5

photo by koichi

6548045935_f456d55eae_b

photo by coolinsights

バーではビール代が100バーツ(約340円)、ダンサーやお店の子におごってあげると1杯220バーツ(約750円)のお店がほとんどです。

観光地だけあって、英語が話せる子が多いので、英語の練習に通ってもいいかもですね。また日本語を話せるスタッフもけっこういるので、英語が話せなくても安心です。

パフォーマンサー

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会