ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

貯金ナシ!提出忘れで出産費用が出せないかもの大惨事!出産手当金の分割請求をお忘れなく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

妊娠・出産にまつわるお金にはいくつかあるのだが、会社勤めで雇用保険に入っており、会社で健保に入っている場合であれば、「出産育児一時金」や「出産手当金」が支払われる。

もちろん、勤務しているときの月額……というわけにはいかないが、標準報酬日額の3分の2に相当する金額、だいたい66%くらいの金額は出る計算になるだろう。

私は2回の出産ともそれらを受給したが、出産手当金にはいくつかコツがあった。

出産手当金は分割請求ができるが、分割しない場合どうなるかというと、産休終了後に書類を出すことになる。

なお、書類提出から支給までに1ヶ月以上かかることがあり、スケジュールをしっかり組んでおかないと、その間の収入がゼロ、ということになってしまう。

そこで、私が出産前に行ったことは以下のとおり。

・会社に、出産手当金の分割請求ができるか問い合わせた(人事担当がこのことを知らない場合があるので、ちゃんと健保に問い合わせてもらうようにしたい)

・入金までのスケジュールを確認

・家庭の出入金スケジュールを把握

なお、複数回申請でも、最初の1回は産後限定になるが、これは書類に医師が分娩日などを書く欄があるからである。

そこ以外の部分を全部埋めて、申請回数分の部数を用意して入院したほうがいいだろう。

分割請求すると、医師に都度書類を書いてもらう手間が発生するが、健保によっては2回目以降の医師の書類を省略できるところがあるようなので、自分の入っている保健組合に確認したい。

…ということを第一子の出産直前に立ち読みした育児雑誌でそのことを知り、あわてて書類を用意した筆者。

今年、第二子の出産に伴って、一度やっている作業だから……とのんびりしていたら、“書類提出から支給までに1ヶ月以上かかる”ということをすっかり忘れており、生活資金が底をつくというアクシデントが起こってしまった。

今にして思えば笑い事だが、大ピンチである。

もちろん貯蓄などない。

そこで力になっていただいたのが「福祉ローン」。

福祉ローンは金利も安く、使い道が限定されているものの「妊娠から小学校入学前までの育児に係る費用」および「育児・介護休業・休暇中の生活費の補填資金」に該当した。

領収書を提出できるものが対象だったので、出産費用分およそ40万円を借りることができたのだ。

とはいえ、できることなら不測の事態に備えて貯蓄はしておいたほうがいいだろう。

妊娠中、つわりで休むことも多くなるし、出産後は産休や育休により収入が半減する。

妊娠を計画的にするのはなかなか難しいが、貯金はある程度計画的にできるだろう。

子どもが増えればなおさら、いつ何が起きるかわからないので、やりくりして少しずつ貯めていかねば……と思うのだ。

著者:kikka303

年齢:39歳

子どもの年齢:4歳11ヶ月・0歳7ヶ月

1976年東京生まれ、都立北園高校出身。東京モード学園に進学するもインディーズブランドブームにのって学校を中退、以降フリーランスのデザイナーとして活動。その傍ら、複数のテレビ局にてデジタルコンテンツを担当。2010年に結婚&出産。現在は都内某所にてWEBディレクター職についている。超イクメン夫、チャラい長男、食いしん坊な次男との4人暮らし。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

ぶっちゃけ出産にかかる自己資金は? 大切なのは病院選び!
出産時しか採取できないから…臍帯血バンクに21万円!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP