ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コーヒーと紅茶、スイーツと相性がいいのはどっち?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

https://lh3.googleusercontent.com/-6Zy---o5tcg/VnIIbcXoN3I/AAAAAAAAAfc/PL2vh3cLbxE/s535-Ic42/151217.PNG

ケーキやドーナツといった洋菓子はもちろん、まんじゅうや大福、羊羹などの和菓子を食べるときも、ドリンクは欠かせません。ところで、餡を使った和菓子の場合は緑茶と相場が決まっていますが、紅茶とコーヒーを比べたときに、洋菓子と相性がよいのは果たしてどちらだと思いますか?

チョコレートと合うのはやっぱりコーヒー

コーヒーの魅力、それは苦味の中にも酸味や甘味などが入り混じった複雑な味わいです。そんなコーヒーと相性がいいのはチョコレート菓子全般。そもそもチョコレートはカカオ豆と胚芽を除去してすりつぶしたカカオマスと、カカオマスから抽出する脂肪分であるカカオバターを原料に作られるもの。苦味のなかに複雑な甘さを持っているという点は、まさにコーヒーとの共通点。カカオ豆とコーヒー豆、種類は違えど同じく原料は豆という点からも、味が馴染みやすいのでしょう。

さらにスイーツ上級者となると、豆の種類と焙煎度を基準にコーヒーを選びます。たとえば、ブラウニーのように濃厚な味わいがギュッと詰まったお菓子には、酸味が豊かで苦味が弱い浅煎りのコロンビア、メレンゲを使ったお菓子といった具合に。

コーヒーはそもそもの個性が強い飲み物なので、チョコレート菓子のようにコーヒーに負けない強い風味を持ったスイーツのほうが相性がいいといえるでしょう。

紅茶は上品な味わいの焼き菓子とベストマッチ

一方、淡い香りとやさしい味わいを持つ紅茶は、どんなスイーツとも好相性の万能ドリンク。たとえば、イチゴのショートケーキやクリームパイなど、クリーミーな甘味が感じられるお菓子には渋みが強く独特の芳香を持つダージリンが、サクッという食感とバターの風味が薫るクッキーやスコーンには、色・味・香りともに濃厚なアッサムのミルクティーがよく合います。

もちろん、お菓子とドリンクをどう組み合わせるかは、結局のところ各人の好みです。「一緒に食べるお菓子の味を損なわないもの」というドリンク選びの原則を覚えていれば、そう難しく考えることはありません。自分なりに色々試しながら、お菓子とドリンクの素敵なマリアージュを見つけましょう。

参考文献:『おいしいスイーツの事典』成美堂出版

おすすめのレシピ

生チョコのレシピ | 料理サプリ

ココナツオイルのプレーンクッキーのレシピ | 料理サプリ

スコーンのレシピ | 料理サプリ

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。