体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【得?損?】末っ子にあるあるなコト18選

42300038546718_Large

兄弟の多い家庭では、年齢差や性によって多少の差がありますが、一人っ子には想像できないことが起こっているのです。「甘やかされて育った」とのイメージが強い末っ子ですが、どの家庭にも起こりうる、末っ子ならではの「あるある」をまとめてみました。

1.子供の頃は親がいつもかばってくれた

親がかばってくれた

兄弟ゲンカをすると、自分が悪いのに、「〇〇はお兄ちゃんなんだから」と怒られたり我慢させられたりするのはいつも兄・姉でした。

2.年上の友達が多い

いつも兄・姉の後をくっついて回っていたため、昔から兄・姉の同級生によく遊んでもらっていました。

3.使うものはいつもおさがり

おさがりが多い

上に同性の兄・姉がいると、小さい頃の洋服や道具は全部おさがり。
たまに買ってもらえる新品のものは宝物のように大事にしていました。

4.兄・姉の真似をしたがっていた

小さい頃、身近にいる兄・姉を見ては「かっこいい」と思ったり、「早く大人になりたい」と思ったりしていませんでしたか?
特におませな女の子は姉の身なりを参考にして、同級生に比べると大人っぽく見られたりしたことも。

5.なかなか欲しいものにありつけない

欲しいものにありつけない

ゲームやおやつなど、欲しいものにありつくには、兄弟同士で取り合いのケンカをすることはしょっちゅう。
しかし、力では兄・姉に負けてしまうため、いつも末っ子は後回しもしくは少量しか分けてもらえないという結果に。おかげで少々のことではへこたれない性格に。

6. 一人で写っている写真が極端に少ない

実家にあるアルバムといえば、第一子の小さい頃の写真が山ほどあるのに、末っ子にもなると、一人で写っているものは数少ない、もしくは兄弟揃っての写真にしか写っていないという寂しい結果に。
写真を撮るのも忘れてしまうくらい、育児って大変なんです。

7. 少々のケガ・病気ではびくともしない

ケガや病気も慣れっこ

親も育児の経験を積んでいくと、何があってもどんと構える余裕ができてきます。
子供のケガや病気も上の子供で慣れっこになってしまい、少々のケガではあまり気にしてもらえなくなるため、たくましく育った人も多いのでは。

8. 自分の部屋が欲しかった

子供の頃は憧れていた一人部屋。
兄弟の中で自分一人が家に残る今では、一人部屋があるにも関わらず少し寂しい気がするのは気のせいでしょうか。

9.名前を間違えられたり忘れられたり

名前を間違えられたり
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。