ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

初対面でも、驚くほど会話が弾む「14のフレーズ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

年末には、同業者もしくは異業種での忘年会が開催されたりするもの。そんな時に使えるテクニックを、ライターMinda Zetlin氏がまとめたこの記事からご紹介。これらのフレーズを巧みに使えば、交流を持ちたかったあの人ともスムーズに会話を始められるかも!?

01.
「最近の投稿、
楽しく拝見しました」

相手がSNSなどで記事を書いており、あなたがすでにそれを読んでいる場合には、こう話しかけましょう。もちろん、どこが面白かったかも具体的に。

02.
「素敵な会場ですね」

少し大げさでもいいので、会場に対してポジティブな発言を。たとえそう思っていなかったとしても、ネガティブではなくポジティブな発言をすれば、相手に良い印象を与えるものです。

03.
「このイベントへの参加は
初めてですか?」

相手が初めてで、あなたがすでにそのイベントに参加した経験があるのなら、情報を共有したり、誰かを紹介したりしましょう。反対の場合には、うまく相手から教えてもらうのがいいですね。

04.
「先ほどのプレゼンテーション
素晴らしかったです」

相手が、そのイベントでプレゼンテーションを行った場合は、使われたフレーズを会話に盛り込みましょう。そうすれば、相手は確実にあなたに関心を持ち、ポジティブな気持ちを抱いてくれるはず。

05.
「今日はいい天気ですね」

かなり知られていることではありますが、初対面の人に有効なのが天気の話。安心して会話を始められるでしょう。

06.
「カッコイイ服装ですね」

服だけでなく、靴や宝石、ネクタイなどにも、同じように使えます。センスを褒められて、不快な思いをするはずがありません。服やアクセサリーを褒めるのは、髪型や体型よりも効果的。

07.
「次のイベントはいつか
ご存知ですか?」

相手が日時を知っていれば教えてくれるでしょう。知らない場合は、次はいつなのか、一緒に推測することもできます。

08.
「次のイベントの
会場はどこですか?」

人にものごとを教えることが好きな人は、意外と多いものです。

09.
「何か手伝えることは
ありますか?」

話したいと思っている人が何かに苦労しているのなら、その手助けを。あなたの印象はがらりと良くなるはず。

10.
「このイベントについて、
どう思いますか?」

参加しているイベントについて、相手がどう感じているのかを聞きましょう。もしかすると、興味深い会話が始まるかもしれません。

11.
「何がオススメですか?」

次に開催されるイベントのことや食事の際に使えるフレーズ。意見を求められることが好きな人は多いですよね。

12.
「あなたの出身地に
行ったことがあります」

相手がどこの出身かを知っている、かつ、あなたがその場所に行ったことがあるのなら、素晴らしい会話のきっかけになります。

13.
「誰々をご存知ですか?」

相手の会社や業界で働く知り合いがいるのなら、人間関係のつながりを聞いてみましょう。

14.
「ずっとお会いしたいと
思っていました!」

直接的なアプローチが一番効果的なこともあります。自分の名前を述べ、なぜ会いたかったのかをしっかりと伝えてみてください。

Licensed material used with permission by Minda Zetlin

関連記事リンク(外部サイト)

女性社員がイライラする「4タイプの男性」とその対処法
あなたが、人生の転換期を迎えている「5つのサイン」
付き合ってはいけない有害な人たち「10の共通点」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP