体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

実は日本人ウケがいい!?カンボジアの代表的な料理12選

Photo credit: Hiroto Matsumura「カンボジア アンコールワットと3都市巡りの4日間」

Photo credit: Hiroto Matsumura「カンボジア アンコールワットと3都市巡りの4日間」

TRiPORTライターのさとりんです。
東南アジアに位置するカンボジア。そんなカンボジアの料理ってどんなものなんでしょうか?
カンボジアの周辺にはタイやベトナムなど、日本でも大人気のフードがある国々に隣接しています。なら、同じアジア料理だし、カンボジア料理もおいしいに決まってるじゃなかろうか!
ということで、今回はカンボジアの料理と、カンボジアで人気のレストランをご紹介したいと思います。

日本人の口に合うカンボジア料理

カンボジアの料理をクメール料理といいます。このクメール料理、日本人にあうんです! パクチーはあまり使用されないし、唐辛子もあまり使わないので辛すぎることもありません。なので、カンボジアの料理はマイルドなものが多いです。
カンボジアの料理は、一つの料理にたくさんの食材を使用するので、色合いもきれいだし、なにより健康食でもあります。
はじめて食べるのになんだか懐かしさを感じさせ、一度食べると何度も食べたくなってしまうカンボジア料理は、日本人のファンが多いようです。

カンボジアの代表的な料理

1. プラホック

Photo credit: Paxse (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

Photo credit: Paxse (Own work) [CC BY-SA 3.0 or GFDL], via Wikimedia Commons

カンボジアの塩辛で、生の魚を塩漬けにしてペースト状にしたもの。カンボジア料理にはかかせない調味料とされています。そのまま野菜につけて食べるときもあります。魚を発酵させて作るため、3年ほど持つそうです。
カンボジアに行くと至る所で、この匂いがします。それほど、カンボジアでは一般的な調味料で、日本の醤油やお味噌のポジションです。
匂いは強いですが、塩味が効き、料理に旨味を加えてくれます。この味にはまってしまう人も多いとか!

2. アモック

Photo credit: Dion Hinchcliffe via flickr cc

Photo credit: Dion Hinchcliffe via flickr cc

ココナッツカレーのような味で、淡水魚や鶏肉、卵、野菜、香辛料、ココナッツミルクなどを混ぜて蒸した料理。ごはんと一緒に食べます。
卵でとじられていることでやわらかくまろやかなです。ココナッツ臭もそこまできつくないし、辛くもないので、普段アジア料理が苦手という人にもチャレンジしやすい料理です。
甘いカレーで、ココナッツの葉っぱをお皿にして出されることが多いので、見た目にも日本人女子にウケがよさそうなカンボジア料理です。

3. ノムバンチョク

日本の素麺に似た麺で、カンボジアで主流の麺は、タイやベトナムと同じく米麺です。王室の料理としても有名で、この麺をつけるスープにはたくさんの具材を使用し、手間がかかる料理とされています。
スープには赤と緑の2種類があり、緑のスープの主な材料は、魚をベースにして、みかんの皮、こぶみかんの葉、干しエビ、レモングラス、ターメリック、パプリカパウダー。赤いスープは、やわらかい鶏肉がはいったココナッツカレーです。
タイ料理の「カノムチーン ナムヤー」に似ていて、アンコール遺跡周辺でよく食べられる料理です。一度口にしたらやみつきになってしまう麺料理ですよ。

4. カリー・ノムバンチョク

1 2 3 4次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。