ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「友人の紹介による出会い」に期待するな! マツコが毒吐く「余ってる者同士が暇で会ってるだけ」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

男女の出会いのキッカケのひとつ、「友人の紹介」。結婚式の新郎新婦の馴初めエピソードでも、よく聞く話だ。しかしこの紹介という出会い方について、マツコ・デラックスが非常に強めの、批判的とも取れるコメントをした。

番組は12月16日の「マツコ&有吉の怒り新党」(テレビ朝日系)。友人の紹介で出会った男性とデートをする際、ついつい減点法で相手を見てしまうという26歳の女性の悩みが取り上げられた。(文:みゆくらけん)
せっかく紹介してもらったのに、悪いところばかり目に付く

この女性は、せっかく友人に紹介してもらったのに、相手男性の「歯がとても小さくスキッ歯」なところや「アシカの鳴き声みたいな変な笑い方」、それに「食事の際のマナーの悪さ」など悪いところばかりが目に付いてしまうのだと話している。

アシカのような笑い声というのが、いったいどんなものなのか若干気になるが、女性のこの悩みを受け、マツコはこうコメント。

「私はけっこう、一点豪華主義でいいの」

一か所に自分の望みとドンピシャなところがあれば、嫌なところがあったとしても受け入れられるということだ。続けてマツコは「紹介」という出会い方を「ずうずうしい」とし、「紹介ってよく聞くけど、紹介ってなんだよ?」と厳しく批判した。

「そんなもんで運命の出会いをして、王子様みたいな人が現れて……とか思ってるからガッカリすんだろ?

男と女が運命の人と巡り合うための恋旅路をするのに、他力本願で楽して見つけようとするな、ということである。さらにマツコは、こうもコメントした。

「紹介なんてもんは、ありゃもう、余ってる者同士が暇だから会ってるだけなんだから、そこに過度な期待はしちゃダメよ」

完璧な人はいない「隠し玉を見つけられない人はダメよ」

この発言はヤバい。いくらマツコといえども「余ってる者同士が暇だから会ってる」とは、世間の風当たりがキツそうな発言である。それぐらい、紹介は男女が出会うキッカケのスタンダードになっているからだ。

とはいえマツコの言うように、紹介で理想の相手と出会える可能性は高くないのも確かだ。友人が自分に紹介してくれた相手のアピールポイントが分からなかったり、魅力的に感じられなかったりすれば、それ以上に関係は進展しない。

だいたいにおいて、うまく行かなかった場合の気まずさがハンパない。普通の1対1での出会いなら自分らだけで済む問題や気まずさも、友人が間に介入していることで大きくなる。そこを気にしないでウキウキ会いに行ける人らの神経は「鈍感力、スゲぇな」と思わずにいられない。

マツコはこうも言う。「わざわざ人に紹介するって、けっこうなハードル」。だから、何かしらの紹介ポイントはあるはずだと。それを見抜かないうちに、スキッ歯だの食べ方が汚いだので判断してるうちは、お宝には巡り合えない。

「隠し玉を見つけられない人はダメよ。見て急に完璧な人なんかいるわけないじゃん。奥にあるのよ、一番おいしいところが」

そして、もし紹介ポイントが何もない男を連れてきたのであれば、「友人を恨むべき」とも。結局はその友人がどのくらい信頼できるか、に尽きるのかもしれない。

あわせてよみたい:マツコ・デラックスが「名前負け」のリスクを語る
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP