ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「スター・ウォーズ」エピソード1~6、初のハイレゾ音源を1/8配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10年ぶりのシリーズ最新作にして新たなる3部作の第1弾「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が本日12月18日に公開。公開を記念してジョン・ウィリアムズ作曲/指揮、ロンドン交響楽団演奏による「スター・ウォーズ」エピソード1~6の、初のハイレゾ音源が2016年1月8日に配信される。

今回、初のハイレゾ音源集として配信が決定したのは「STAR WARS:THE ULTIMATE DIGITAL COLLECTION|スター・ウォーズ:アルティメット・デジタル・コレクション」。エピソード1~6の全89曲を、それぞれエピソード1~3を24bit/44.1kHz、エピソード4~6を24bit/192kHzで収録している。

すべてこの「アルティメット・デジタル・コレクション」のために新たにリマスタリングされたもので、特筆すべきは、エピソード4~6はアナログ・マスターをマスタリングしてハイレゾ化したこと。これにより“特別篇”のサントラ盤ではなく、オリジナル版公開当時に発売されたLP盤と同収録内容のものがハイレゾ音源としてよみがえった。

ジョン・ウィリアムズが創りあげたスター・ウォーズの音楽について、シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスは、「<スター・ウォーズ>シリーズを通じ、ジョン・ウィリアムズは各々の登場人物たちを鮮やかに描き出し、あたかもこのサーガの物語を伝承するかの様な、完璧な音楽的言語を創りあげた。ジョンはいつも私の期待以上のことを成し遂げ、贅沢で豊かな、感動的かつスリリングなスコアを生み出してくれた。<スター・ウォーズ>が私の想像を超える生命力を持つことが出来たのは、天才音楽家ジョンの素晴らしいスコアのおかげである。(EP1~6サントラ盤のライナーノーツより抜粋)」とコメントしており、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』の音楽も、引き続きジョン・ウィリアムズが担当している。

映画情報
映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』
監督:J.J.エイブラムス
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
本日12月18日(金)全国ロードショー
http://starwars.disney.co.jp/home.html

ハイレゾ配信/CDリリース情報
http://www.sonymusic.co.jp/SW

ハイレゾ配信

「スター・ウォーズ:アルティメット・デジタル・コレクション」
2016年1月8日配信
<全89曲>12,400円(税込)
ハイレゾ|音楽ダウンロード・音楽配信サイト mora予約リンク
https://form.mora.jp/a.p/486/
発売中(CD)

「ベスト・オブ・スター・ウォーズ:ミュージック・アンソロジー」<DSDマスタリング×Blu-specCD仕様 SPECIAL PRICE 1,905円+税>

「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス」オリジナル・サウンドトラック <Blu-specCD2仕様 品番SICP30860 全17曲 SPECIAL PRICE 1,800円+税>

「スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃」オリジナル・サウンドトラック  <Blu-specCD2仕様 品番SICP30861 全14曲 SPECIAL PRICE 1,800円+税>

「スター・ウォーズ エピソード3 シスの復讐」オリジナル・サウンドトラック <Blu-specCD2仕様 CD+DVD2枚組 全16曲 品番SICP30862~3 SPECIAL PRICE 2,400円+税>

「スター・ウォーズ エピソードIV 新たなる希望」オリジナル・サウンドトラック <DSDマスタリング×Blu-specCD2仕様 CD2枚組 全27曲 品番SICP30864~5 SPECIAL PRICE 2,500円+税>

「スター・ウォーズ エピソードV 帝国の逆襲」オリジナル・サウンドトラック  <DSDマスタリング×Blu-specCD2仕様 CD2枚組 全23曲 品番SICP30866~7 SPECIAL PRICE 2,500円+税>

「スター・ウォーズ エピソードVI ジェダイの帰還」オリジナル・サウンドトラック <DSDマスタリング×Blu-specCD2仕様 CD2枚組 全24曲 品番SICP30868~9 SPECIAL PRICE 2,500円+税>

作曲/指揮:ジョン・ウィリアムズ
演奏:ロンドン交響楽団

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP