ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

老師ってwww 高島屋の「お歳暮の敬称」が用意周到すぎてトキメいちゃう人続出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今時期はお歳暮を送り終えた、お歳暮が届いた、などお歳暮の準備もひと段落してくる頃ですが、高島屋のお歳暮の準備万端すぎる姿勢にTwitterが湧いております。

その準備万端すぎる姿勢とは、お歳暮の送り先を指定する際に敬称を選択できますが、その選択肢の豊富さが半端ないのです。

実際に高島屋のオンラインショップで購入段階まで進んでチェックしてみたところ、敬称の選択肢がこんな感じになっていました。

老師!殿下! これはすごい。普通に過ごしていたらこのような敬称を使用する必要のある方とはつながりを持つことはありませんが、世の中にはこのような敬称の使用を必要としている方がいるのでしょう。

使用することがないにしてもちょっとそれぞれの用途が気になったので、老師、殿下、尊師、猊下(げいか)のそれぞれの意味を国語辞典で調べてみました。

老師
年をとった師匠・先生。 年老いた僧。また、学徳のある僧を敬っていう語。

殿下
皇太子・皇族などの敬称。皇太子・皇太子妃・皇太孫・皇太孫妃・親王・親王妃・内親王・王・王妃・女王などに用いる。

尊師
師を敬っていう語。

猊下
高僧・碩学 (せきがく) に対する敬称。一つの宗派の管長に対する敬称

やはり私にはお歳暮の敬称として使う機会がくることはなさそうです・・・。

via: @takane_hideki on Twitter

高島屋の2015年おすすめのお歳暮 |高島屋オンラインストア

日本の文化と「今」をつなぐ – Japaaan

関連記事リンク(外部サイト)

そうだったの〜っ!?かき氷のシロップの驚くべき真実にネットが騒然!
新たにあみ出された「京都府」の書き方が斬新すぎるとTwitterで話題にwww
これはwww お正月に「おせちパン」なる仰天の惣菜パンが密かに作られていた件

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP