ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

持ち運びができる「ミニストーブ」。テント、屋外でも大活躍!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これこそアウトドア好きのためのインドアアイテム!ガス要らずで、木の枝を焚べてテント内や車の中でも暖がとれます。ストーブの台を使えば料理も。

…え、煙は?という疑問が浮かびますが、煙突がついているので外に排出できます。まずは、三脚を立てて置いてみた写真がコチラ。

冬場のテント泊でもポカポカ
持ち運べるストーブ

ちょっとレトロな雰囲気もありつつ、カジュアルなデザインも◎。三脚をたたんで、煙突を中に収納すると、

こんな感じ。このまま専用の手さげバッグに収まります。肝心な煙突の設置方法は大きく分けてふたつ。

出入口やすき間から


または
通り穴をつくればOK

そのためのキットがあります



山小屋みたいでかわいい!

もちろん
外でも使えます

これなら煙たくないかも。

煙突の根本には、タンクが設置可能。水を入れて冷却する効果と同時に、コックをひねればお湯が使える仕様に。

フライパンを乗せて料理ができますね。

三脚の高さは40cm・48cmと二段階調節可能。使うスペースはそれぞれ、71.5cm×35.5cm、または83cm×45cm。煙突の高さは2.7m。重さは全部で16.95kg。

バッグにコンパクトに収まるので持ち運びは工夫できそう。ただし、使うときにはくれぐれも…

火傷に注意!

Frontier Plus」は、ストーブと煙突のセットで299ポンド(送料別、約54,500円)。ホームページで事前予約でき、配送開始は2016年2月を予定しています。

冬場から春先にかけて、アウトドア体験にもうひとつパンチを効かせたい人にはおすすめかもしれませんね。

ちなみに、直接焚き火の煙にあたりながら料理をしている貧困地域の人々に、もっと健康的に料理ができるようにーーそんな想いがデザインに込められているそうですよ。

Licensed material used with permission by Anevay

関連記事リンク(外部サイト)

寝室専用の「ぽかぽかテント」なら、自宅でキャンプ気分が味わえる
贅沢なキャンプが水上で味わえる「伊勢志摩エバーグレイズ」
木からぶら下がる「テント」は、新しいキャンプのかたちになる?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP