ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

靴底で溶岩を踏んでみたら・・・(動画あり)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ハワイ島キラウエア火山で撮影された、1本の動画がネットで大反響を呼んでいる。すでに再生回数1,100万回超え。

ところが、火口から吹き上げるマグマの荒々しさや、無情に民家を飲み込んでいく溶岩流を捉えたものではない。それでも、見方によってはスリル満点だ。

燃えさかる溶岩を

靴底で踏んだ結果…

はたして、これが何かの調査なのか、それともただの興味本位かは、実のところよく分からない。いづれにしたって、なにも直に足で踏む必要が?

動画に添えられた解説より、どうやら2014年6月に発生したプウ・オオ火口から大規模な溶岩流のよう。近隣のパホア村の一部を飲み込んだこのマグマ。火口付近から流れ出る溶岩の温度は、およそ700℃〜1,200℃で摩擦抵抗も少なく、流れやすいそうだ。

マグマを踏んだ瞬間…あっ!

勇敢なつま先の主は、動画投稿者のAlex Rivest氏。いくらブーツの上からとは言え、灼熱の溶岩流に直接足で触れる訳だから、かなりの覚悟がいりそうだが。

つま先が溶岩流に触れたその瞬間…。

一瞬のうちにボッと炎が靴底から上がる。

「マグマが溶岩流となって流れ出ると、大気の温度や地面の熱で徐々に冷え固まっていくのですが、地殻になるまでは、柔らかいガラス質の状態なんです。もちろん、簡単に点火するだけの高温であることに、何ら変わりありません」

活火山研究センターの地質学者Darcy Bevens教授は、Huffington Postにこうメッセージを述べている。言うまでもなく、危険極まりない行為。

2015年12月現在、キラウエア火山の活動は小康状態を保ち、流れ出た溶岩流も冷え固まってきつつあるようだ。
年末年始、当地への旅行を計画している人は、こまめに最新情報を確認しよう。「米国地質調査所」より、毎日更新されている。

Reference:Huffington Post
Licensed material used with permission by Storyful.com

関連記事リンク(外部サイト)

納豆とバニラアイスを混ぜた結果・・・(動画あり)
4人のプロが工事現場にある「1本の杭」を打った結果・・・(動画あり)
「あなたは、facebookに騙されている!」デザイン会社のとある主張が話題に

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP