ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国で、ロッキー山脈の「キレイな空気」が飛ぶように売れている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

深刻な大気汚染が続く中国・北京でいま、ある酸素ボトルが飛ぶように売れ、予約が殺到している。と海外のメディアが一斉に取り上げ、大きく報じました。どうやら、その中身が一味違うようですが、大反響の裏には北京市民の、藁をも掴みたい心境が伺えます。

ロッキー山脈の新鮮な空気が
北京で飛ぶように売れている!?

カナダ西部のエドモントンに工場を構える「Vitality Air」社。3,000メートル級の山々が連なり、手付かずの自然が残るカナディアン・ロッキー山脈の麓から、新鮮な空気をスプレー缶に詰めて販売しています。

この商品が、いま大気汚染に悩む北京市民を救う、救世主になろうとしています。中国で販売されているミネラルウォーターの、およそ50倍の値段にあたる100元(約1,872円)という高値にも関わらず、飛ぶように売れているんだそう。

北京市内に“赤色警報”
過去最悪の大気汚染

こちらは、深刻な大気汚染が進む北京市内の様子。写真に映る二人の後方数メートル先の視界が、もはやほとんど霞んで見えないレベルです。

2015年12月8日から10日にかけて、北京市内の大気汚染を示す警戒サインは、過去最悪レベル4に達し、子どもや高齢者の外出を政府が禁止する“赤色警報”が発令されました。対策が始まった8日朝、米国大使館が測定したPM2.5の濃度は、1立法メートル辺り291マイクログラム。WHO推奨レベルのじつに10倍に達する、酷い状況だったと「BBC」は伝えています。

「マスクを身につけていても不快に感じるほど。自分の身を守るためなら、できることは何でもしなきゃ」

取材に応じた、北京在住のLi Huiwenさんのこの言葉からも、我が身を守るのは自分の役目、と市民の藁をも掴みたい危機感が伝わってきます。

袋に詰めただけの空気が
2万円で落札!?

そんな中国都市部の状況に、ビジネスチャンスを見出したのが遠く離れたカナダのVitality Airです。2年前に立ち上がったばかりのベンチャー企業を「VICE News」がわざわざ特集を組んだのも、彼らの戦略が完全にはまったからでしょう。

創業者のMoses LamとTroy Paquetteの両氏は2年前、中国を頻繁に訪れていた友人から、深刻化する大気汚染について聞かされていました。「中国の人たちはきれいな空気を求めている」彼らは試しに、ジップロックタイプのビニール袋に地元ロッキー山脈の空気を詰め、インターネットオークションサイト「eBay」に99セントで出品。すると、価格はみるみる跳ね上がり、ついには168ドルの高値がついたそう。

コンテナ到着前に
全品完売の人気ぶり

これはビッグビジネスになる…。

彼らがそう思ったかどうかは分かりませんが、かくして二人はロッキー山脈の新鮮な空気を圧縮して缶入りする技術を開発。試しに北京市内で500個を販売してみたところ、わずか4日で完売。そうして、Lam氏は「The Telegraph」を取材を受けるほどに。慌てて追加で4,000個を発注したものの、こちらもまだコンテナが中国に到着していないにもかかわらず、すでに完売する人気ぶりなんだとか。

Reference:BBC,VICE News,The Telegraph
Licensed material used with permission by Vitality Air

関連記事リンク(外部サイト)

「中国と香港は、違います」香港人が制作した、20枚のイラストが話題に
中国の「カンフー学校の子ども」が36,000人集まったらこうなった・・・(動画あり)
【奇跡の法則】周波数を「432Hz」にすると、音の聞こえ方が違った!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP