ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

京都市のおもてなし精神 寺社の景観損なわぬ喫煙所にも反映

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 近年、条例にて路上喫煙の禁止区域を定め、違反者には数千円の過料を徴収する自治体が増えたため、街中の「たばこマナー」は格段に良くなったと評価する向きがある。確かに平然と歩きたばこをしたり、堂々とポイ捨てしたりするスモーカーは減った。

 だが、当サイトでも度々報じてきたように、当たり前のマナーやモラルに関する規制やルールを強めれば強めるほど、日々の生活で息苦しさが増し、かえって反発を招くケースは多い。路上喫煙の禁止もそのひとつだ。

「私は外出するときには必ず携帯灰皿を持ち歩き、人通りの多い場所では絶対に吸いませんし、できるだけ灰皿が置いてある喫煙所で吸うようにしています。でも、最近は禁止区域ばかりですし、喫煙所を探すほうが難しい。

 そこで、つい1本路地裏に入って、飲みたくもない缶コーヒーを片手にコソコソと吸ってしまうことがあります。たばこは大人に認められた嗜好品。路上禁煙にするなら、せめて要所に喫煙所を設けてくれれば、こんなに肩身の狭い思いはしなくて済むのに、と思います」(東京在住の40代男性喫煙者)

 こうした喫煙者の不満を汲み取り、非喫煙者との共存を実現させようと努力している自治体もある。国内外から年間5000万人以上の観光客が押し寄せる古都・京都だ。

 12月7日、京都屈指の「紅葉の名所」として知られる高台寺(東山区)手前にある高台寺公園で、市内11か所目となる“公共喫煙所”のオープニングセレモニーが開かれた。

 灰皿を囲うパーテーションには市内産の木材「みやこ杣木(ヒノキ)」が、丸太の腰掛けには「北山スギ」を使用した豪華なスペース。何よりも、大和塀をイメージしたという外観が周囲の景観に溶け込んでいる。

 じつは京都市は8年前の2007年から「路上喫煙禁止条例」を施行し、四条河原町などの繁華街を皮切りに、多くの観光客が訪れる祇園・清水地域まで、段階的に路上喫煙禁止区域を広げてきた。守らない人には1000円の過料を徴収する「罰則」も設け、2012年には年間7000人もの徴収者がいたという。

 しかし、京都市は取り締まりの強化だけを目的にはしていない。前出のセレモニーで門川大作市長は、

「街の美化を含めた『おもてなし』の観光振興策は、京都の経済活性化や伝統文化の継承、さらには信仰心の向上にも繋がる。喫煙所の設置はその一環で、たばこを吸う観光客の要望も聞きながら美しい街づくりに取り組んできた結果、(条例制定から)8年で着実に成果を上げている」

 と胸を張った。

 つまり、さまざまな人々が訪れる古都独自の「観光ルール」を周知させるためのワンオブゼムというわけだ。外国人観光客に向けたパンフレット『京都ノ トリセツ』には、路上喫煙のほか、〈ゴミのポイ捨て〉や〈畳に土足で上がる〉〈無理やり舞妓さんの写真を撮る〉〈社寺で大声で騒ぐ〉など“あきまへん”行為が並んでいる。

 京都市文化市民局くらし安全推進課の中井秀和氏が話す。

「初めて京都を訪れる人たちに、できるだけ早い段階で条例やマナーを知っていただくことが大事だと考えています。例えば、路上禁止区域は足元に大きな標識を貼るなど注意喚起をしていますし、喫煙場所が書かれた印刷物は駅や観光案内所のほか、多言語表記で関西国際空港など空の玄関口にも置いています。

 喫煙所については、吸う方にとっては『もっと設置してほしい』との要望がありますし、吸わない方にとっては喫煙スペースを設けること自体に反対の声が出るなど多様な意見をいただきます。しかし、京都市としてはマナーを守りながら喫煙者も非喫煙者も気持ちよく過ごしていただけるよう街の環境づくりを進めていく考えです」

 今回、当サイトでは高台寺公園のほか、清水寺へと続く坂の途中にある喫煙所、京都駅周辺に点在する喫煙スペース、繁華街の木谷町に流れる高瀬川沿いや京都府庁敷地内の喫煙場所などを視察した。

 いずれも人の多いメイン通りからは1本外れた場所に構えられ、煙の流入を嫌う非喫煙者への配慮がうかがえる。また、高台寺公園同様、どこも街並みや社寺の景観を損なわない自然な作りになっており、外国人旅行者が一服しながら日本人に道を尋ねるなど、観光地特有の「憩いの場」としての役割も担っていた。

 おもてなしの心にも通ずる“京都市モデル”の分煙推進策は、雁字搦めの条例を制定しても街のマナーや美化の改善に繋がらない自治体や、東京五輪を控えて観光客が増え続ける東京都の模範となるかもしれない。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
喫煙所がガラガラに 某IT企業で効果抜群だった禁煙策とは
公園の受動喫煙裁判 判決は「非喫煙者が喫煙者から離れよ」
松沢成文氏が東京五輪に向け禁煙運動 地方の分煙対策に逆行

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。