ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一般人はお断り!行けないと余計気になる、世界の立ち入り禁止スポット10選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

こんにちは!yutamukuです!

かつては、いろいろな陰謀やオカルトが巷には溢れておりましたが、近年ではインターネットや通信機器の普及により、かつてささやかれていた様々な陰謀やオカルトの多くが大したことなかったとして、解明されてきております。

ですが、このような発達した現代においても、一般人が知る事や立ち入ることを禁じているスポットというのはかなり存在しているのはご存知ですか?

そこで、今回は世界中にある、そんな一般人が到底立ち入ることが許されていないスポットについて、ご紹介したいと思います。

 

選ばれし者のみが入室できるクラブ33 ディズニーランド

photo by Josh Hallett

まずは軽い所から、クラブ33とはウォルト・ディズニー・カンパニーが直営、又はライセンス契約しているディズニーパークの内のカリフォルニアのディズニーランドと東京ディズニーランドだけにある会員専用のレストランです。

会員でない一般人は立ち入ることが出来ず、多くの著名人や財界人が会員となっているらしいです。

 

10年以上会員の追加募集はされていなかったのですが、2012年にアメリカでは追加募集を行ったそうです。厳しい条件にもかかわらずかなりの人数が応募し、現在では14年待ちとなっているそうです。

 

遥か太古に描かれた芸術作品 ラスコー洞窟

photo by JackVersloot

ラスコー洞窟は、フランス南西部のドルドーニュ地方にある洞窟であり、1940年に近所で遊んでいた子供たちにより発見されました。

旧石器時代後期の貴重な壁画が眠っていたこの洞窟は、かつては多くの観光客を受け入れて大々的に公開しておりました。

 

しかし、その観光客により洞窟内の二酸化炭素濃度が増加し、洞窟の環境が変わってしまったことにより壁画がどんどん劣化していくこととなりました。

そのため、フランス政府は一般人の立ち入りを禁止し、現在は修繕、保護を行うとともに1日数人の研究者のみその絵を見ることが出来るようになりました。

 

世界の諜報基地? メンウィズヒル基地

photo by blackplastic 

イギリス空軍管轄のメンウィズヒル基地は、アメリカ合衆国が主導で構築している通信傍受システムであるエシェロンの重要な拠点といわれる基地です。

アメリカは、エシェロンの存在を否定しておりますが、電波通信全てを傍受することが可能であるとされております。

 

また、有線通信についてはPRISMというシステムが公にされてしまったため、このエシェロンについても実際に存在しているといわれております。

 

もう一つの疑惑基地 パインギャップ

photo by upload.wikimedia.org

オーストラリアのウルルにある、このパイン・ギャップはオーストラリアとアメリカの連合基地とされておりますが、噂ではアメリカがほぼ全権を握っている施設であり、アメリカ全土のスパイ行為に係るものをコントロールしているといわれております。

 

また、世界中の情報を収集するシステムであるエシェロンや通信傍受プログラムのPRISMがここで運用されているらしいです。

軍事施設ですので、一般人は立ち入り禁止とされております。

 

100年燃え続けるといわれる街 セントラリア

photo by Proper Pictures 

かつて映画にもなった人気ゲーム「サイレントヒル」のモデルになった街がこのアメリカのペンシルバニア州のセントラリアです。

1962年の5月におこった、セントラリアの炭鉱火災によりその後現在に至っても火災が鎮火しておらず、現在でも燃え続けているとのことです。

 

消火が困難なことから政府が避難勧告を出し、その後現在でも解除されておりません。研究者たちが、調べた所今でも地下から煙が上がってきており、鎮火には100年は必要との報告があったそうです。

 

放射線の傷跡残る場所 チェルノブイリ

photo by alex_photo_82 

1986年の4月26日にウクライナ(旧ソビエト連邦)のチェルノブイリにて原子力発電所の爆発事故で、大量の放射性物質が飛散しました。

当時のソビエト連邦は隠ぺいをしておりましたが、近隣国からの異常な放射性物質の確認により明らかになりました。

 

そのため、多くの現地の人が被ばくしてしまったといわれております。30年近くたった現在においても汚染度が高いとして、立ち入り禁止区域とされており、一部の関係者以外は入ることが出来ないとされております。

 

長期にわたる壮大な実験をする島 スルツェイ

photo by brian.gratwicke 

アイスランドにあるスルツェイ島は、無人島であり1963年におこった海底火山の噴火によりできた島です。

アイスランド政府は、この島がただの何もない火山島からどのように生命が繁殖していくのかを研究するための重要な実験島として、一般人による入島を一切禁止しました。

 

ですので、ここへの入島を許されているのは一部の研究者だけであり、ここで現在育っている植物については、海鳥が持ち込んできて自生したものに限られております。

海鳥の糞により植物が持ち込まれ、さらに大量の糞により、荒れた土壌が徐々に植物の生育に適した土地になっていきました。

 

現在ではアザラシの繁殖が確認されております。

 

帰ってきたものはいない島  北センチネル島

photo by upload.wikimedia.org

インド領のアンダマン諸島の中の一つの島である北センチネル島は、センチネル語を話すセンチネル族という先住民が50~400人ほど暮らしていると考えられています。

というのも彼らは外部とのかかわりと一切拒否しており、非常に攻撃的であるためアンダマン・ニコバル諸島自治政府も関わるつもりはないようです。

 

2004年におこったスマトラ島沖の大地震の際に救援物資を輸送しようとしたヘリに対して矢を放ってきたという記録が残っています。

また、2006年にカニの密漁をしていたインド人二人が居眠りをして北センチネル島に流れ着いてしまい、殺されております。

さらにその遺体を回収しようとしたインド政府のヘリに対しても矢を放ったという記録が残っております。

 

いまだに噂が飛び交う基地 エリア51

photo by Airwolfhound 

アメリカのネバダ州南部にアメリカ空軍が管理している「エリア51」区域があります。長い間軍事機密の場所とされており、アメリカ国内においても様々な憶測が飛び交っていました。

UFOがあるといったうわさや、ロズウェル事件の秘密がある、または宇宙人がそこに住んでいるなどの噂がありましたが、2013年に軍事機密の解除がされてエリア51の元職員がインタビューでばっさりとそれらの噂を切り捨てました。

 

ここでは、旧ソ連への軍事機密の漏えいを恐れたアメリカ軍が作った施設であり、無人偵察機やドローンなどの研究がおこなわれていたそうです。

軍事機密は解除されたものの、軍事施設であることにかわりはないので、現在でも一般人は立ち入ることはできません。

 

悲しい歴史の眠る島 ポヴェリア島

photo by upload.wikimedia.org

イタリアのヴェネツィアにある小さな人工島です。

14世紀にペストが流行した際に患者すべてをこの人工島に隔離されてしまいました。隔離病棟とはいっても、治療のすべがない為、ここに収容されるとまともな治療を受けることなく死ぬ運命にありました。

そのような状況が1793年まで行われた記録があります。

 

20世紀初頭にはイタリア政府により精神病棟が設置されましたが、その閉鎖性ゆえに医者が人体実験を行っている、ペストで死んだ亡霊を見た、患者が拷問を受けているといった黒いうわさが続き1968年には閉鎖となりました。

そのような歴史から、幽霊等の不可解な現象が起こる土地であるとたびたび報告されるようになり、現在はイタリア政府によって立ち入り禁止区域となっております。

 

行けないといわれると行きたくなる!

さて、今回は一般人は立ち入ることが出来ない場所をご紹介しましたがいかがでしたか?

駄目だといわれると入りたくなるのが人間の性ですが、あまり無理をすると危険ですので、こうやって画像を見て、いろいろと想像をめぐらすだけにしておきましょう。

世界にはまだまだ謎がいっぱいです!

 

 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP