体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ディーン、君がいた瞬間(とき)』 アントン・コービン監督インタビュー

anton_corbijn_0051 1

 

U2、ビョーク、デヴィッド・ボウイを始め、名だたるアーティストたちから絶大なる信頼と称賛を獲得し続けるフォトグラファー、アントン・コービン。一方、彼は映画監督としても知られ、これまでにも独自の視点で数々の濃密な空間を紡いできた。とりわけ最新作『ディーン、君がいた瞬間(とき)』は、24歳で亡くなった伝説の俳優ジェームズ・ディーンと、若き写真家デニス・ストックのほんの一瞬の邂逅を描いた歴史秘話であり、なおかつコービン自身のキャリアとも相通じるものがある興味深い作品だ。

インタビュー・ルームに入ってきた彼は、サッと周囲の状況を把握し、その場にいるスタッフ一人一人に声をかけ、細部にまでナチュラルな気配りを見せる人だった。その語り口も非常に優しく、温かな言葉に満ちている。きっと誰もがこうやって自ずと彼の魅力に引き込まれて行くのだろう。コービンの魔法にかかったような30分間。その模様をお届けする。

 

――お目に書かれて光栄です。お会いしたばかりでこんなことを言うのも何なのですが、コービン監督、とても長身なんですね!ちょっとびっくりです。

コービン「そうかい? 母国のオランダでは背の高い人間がウジャウジャいるんだよ。だから私くらいの身長なら、あまり何も言われないな。あ、でもね、イギリスで暮らしてると確かに『背が高いですね!』ってしょっちゅう言われる(笑)」

 

――新作の『ディーン、君がいた瞬間』、心打たれる瞬間がたくさん詰まった素晴らしい映画でした。コービン作品は毎回、ジャンルやテイストをガラリと変えるのが特徴的ですが、最新作ではどういった狙いがあったのでしょう?

コービン「そうだね。私が監督するのも今回で4本目。確かに毎回異なるジャンルに挑もうと努めてきた。最初の『コントロール』は私にとって非常にエモーショナルな題材を扱っていたし、2作目の『ラスト・ターゲット』は1作目と全くかけ離れた、対角線上に位置するジャンルと言っていい。

そして3作目の『誰よりも狙われた男』は、9.11以降、私たちがどれほど簡単に人を疑い、非難するようになったのかを解き明かしたいという想いから生まれた。そして今回の『ディーン』となるわけだが……端的に言えば、スポットライトを浴びるセレブと、彼らを撮るフォトグラファー、その両者の関係性をじっくり見つめていくことに興味をかられたんだ。出発点はそこだった」

dean2 dean3 anton_corbijn_0078 1

 

役者魂をまざまざと見せつけられた

――ジェームズ・ディーンを演じること、これは俳優にとって想像を絶するプレッシャーだと思います。ディーン役のデイン・デハーンの苦悩を感じ取る瞬間はありましたか?

コービン「そうだね、デイン・デハーンは今回、ものすごいプレッシャーを感じていたはずだよ。その証拠に、キャスティングの過程で私がいくら連絡を取ろうとしても、彼は一向に会ってくれなかったんだ。彼にとってディーンはとてつもないヒーローであり、だからこそ演じるなんて恐れ多いというのが率直な本音だったようだ。

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。